自宅をしっかりと守ってくれる防犯の専門家たち

防犯システムの専門家・防犯設備士

防犯設備士という資格があります
警備員 防犯設備士は、防犯システムに関する専門の教育・指導を受けて、資格認定試験に合格すると取得できる資格です。
この資格は、過去に犯罪歴がある人は取得できないということです。このことから、とても信頼できる資格だと思います。セキュリティの企業には、この防犯設備士を配属しているところが多いそうです。

防犯設備士は、家に防犯カメラを付ける際、セキュリティに関するアドバイスをしたり設置したりします。
防犯設備士から見ると、防犯カメラの設置方法が間違っている事もあるそうです。
防犯カメラは、何となく設置しただけでは意味がありません。プロの犯罪手口に対応するには、プロの防犯設備士によって、セキュリティ対策をしっかりしてもらう事が大切でしょう。

今では、防犯カメラをインターネットなどの通信販売で簡単に購入できます。ですが、もしも自分で防犯カメラを付ける場合は、十分に気をつけて設置してください。
防犯効果が実際にあるか?不安な場合は、防犯設備士に相談してください。

セキュリティ会社の防犯サービス

最近では、玄関にセキュリティ会社のステッカーを貼っている家庭が増えてきました。
このセキュリティ会社のサービスですが、会社によって様々です。同じ会社でも、マンションの場合と戸建て住宅の場合では、サービス内容は違ってきます。
基本的なサービス内容と言えば、防犯カメラの設置や警備会社への通報などです。

いくつかのセキュリティ会社の資料を取り寄せてみると、その会社が「どの防犯サービス」に力を入れているか、わかると思います。
自分の家について、どの防犯サービスが一番良いか、専門家に教えてもらいましょう。
そうすれば、より安心で安全な生活を手に入れることができるでしょう。

気持ち悪い、泥棒の侵入

ところで防犯対策をしていない家では、

「どうせ盗られる物なんて、ないから」

 

と思っているところが多い、と聞きます。
しかし実際に泥棒に入られた人によると、知らない人に家の中に侵入されることは、
かなり気持ちが悪いそうです。

そして、

「やっぱり、防犯カメラを付けておけば良かった」

 

と、後悔するそうです。
防犯対策は、やはり事前にしっかりとやっておきましょう。

専門業者に相談しましょう

防犯カメラを取り付ける際、設置位置や設置方法をよく考える必要があります。防犯の知識がないのに、適当な防犯カメラを購入して、結局失敗してしまう人がいると聞きます。
例えばカメラの配線が届いていない事が見るだけでわかってしまい、明らかにダミーだとわかってしまうような設置をしている人も、多いそうです。
これでは、泥棒に対して威嚇できないです。

もしも本格的に防犯対策を考えているなら、やはり専門業者に相談しましょう。
どのような防犯カメラを選んだら良いか、どの場所に何台設置したら良いかなど、プロの視点で的確に教えてくれるからです。
防犯の専門業者は、たくさんあります。いくつかの業者の意見を比較して、選ぶと良いでしょう。