仕事上の信頼感を演出できる、起業家の自費出版

儲からない自費出版

自費出版による収入について、一般的には自費出版をしても儲からない、と言われています。自費出版は、なぜ稼げないのでしょうか?

その理由の一つに、最初に個人で負担する費用が大きい点があります。
ある程度の本が売れても、なかなか最初の出費を補うことができません。

その他の理由として、たくさん売れないということがあります。
書店に並べるだけでは、売れません。そして売れなかったら返品になるため、利益を期待できません。
例え個人で出版した本であっても、有名な著者の本と同じくらいの価格になるようです。
一般の人からすると、聞いたことがない人の本に、有名な本と同じくらいの「お金」を払えない、と思うようです。

もしも作家デビューを希望しているなら、まずは小説などを公募している出版社に応募するほうが良いでしょう。

起業家にとってメリットがある自費出版

自費出版する人の中には儲からなくても良い、有名になれたら「それで良い」という人がいます。最初から出版することが目的であって、売ることが目的ではないということです。
売れなくてもいいから、自分の本を書店に並べてみたい、という人もいます。

実は自費出版には、起業家にとってメリットがあると考えられます。
起業家自身が書いた本が実際に書店にあったら、仕事をする上で信頼感・安心感を演出できるからです。
宣伝効果もあり、新規の顧客獲得に役立つ可能性があります。取引業者との付き合いも、より良くなるかもしれません。
以上の事より、起業家が自費出版することは多いようです。

自由に出版できます

起業家が書いた本自費出版の大きなメリットは、起業家を始め、誰でも本を書ける点です。
一昔前では、商業出版が中心でした。自費出版しても収益を得られないことから、個人の場合では、出版を引き受けてくれないことが多かったそうです。
しかし今では、自費出版を引き受けてくれる出版社が増加しています。

そして費用を用意すれば、誰でも出版できることになりました。
なお、費用については、出版社や出したい本の種類によって、かなりの差があります。数十万から数百万までと差があるようです。
安い金額とは言えません。だけど、どうしても本を出版したい人にとっては、自費出版は「とても良い手段」と言えます。

確かに、お金は掛かります。ですが自費なので、好きな内容の本を制作できるというメリットがあります。

商業出版の場合では、編集者から「ある程度の意向」を示されます。出版社から「お金をもらっている」ので、編集者の希望を聞き入れて本を書くことになります。

自費出版の場合では、そのような制限はありません。自分の好きな事を書けます
※ただし、いくら好きな事を書けると言っても、変な内容だったら「ご自身の信用を失うこと」になります。お気をつけください。

そして商業出版と違って、「締め切り」などの時間制限もありません。自分のペースで書けることも、メリットの一つと言えます。

ビジネス
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム