妊娠中にセックスする際、気をつける事

セックスしないほうが良い時期

妊娠中にセックスすることは、「母体と赤ちゃん」に負担が掛かる可能性があります。旦那さんに対しても、妊娠中のセックスはどういう影響があるのか、きちんと説明しておくと良いでしょう。

できればセックスを避けたほうが良い時期は、

「妊娠初期」と「早産しやすい24週から27週」の時期です。

妊婦この時期は「お腹」が圧迫するので、旦那さんは我慢してください。そして「お母さんの体」を、いたわってあげてください。

そして妊娠後期に入ると、「赤ちゃん」は中期より下がってきています。やはり、セックスを控えたほうが良いです。破水早産の危険も考えられるからです。

万が一、妊娠中のセックスによって出血したり破水してしまったら、すぐに病院へ行きましょう。

妊婦さんの性欲

ところで多くの女性の方は、妊娠してからセックスをしたくなくなるそうです。
妊娠初期になると、性的関心が減退します。
妊娠中期になると性的関心は高揚しますが、後期に入ると、また減退する傾向があります。

特に妊娠初期では「つわり」や「倦怠感」「乳房の痛み」などのため、その気にはなれないことが多いです。

妊娠中の体位

妊娠中に行なう「セックスの体位」や「挿入の深さ」については、様々な事が言われています。今のところ、特に決まりはないようです。女性が苦しくないようにすれば、大丈夫でしょう。
もしも心配ならば、普段よりも優しく行なったり苦しくない体位にするなど工夫すると良いでしょう。

妊婦さんが、最もリラックスできるポーズとして「シムスの体位」があります。この姿勢はセックスする際にも「おすすめ」です。
シムスの体位とは、膝を曲げて体を横向きにして寝る体位です。後ろから、旦那さんにアプローチしてもらいます。

また、旦那さんが仰向けに寝て女性が上に座る体位も、お腹に負担を掛けないそうです。

コンドームを着用しましょう

「すでに妊娠しているから、避妊具のコンドームを着用しなくても良いと思う」
そう思っている夫婦が、いるかもしれません。ですが、その判断は間違っています。

確かにコンドームをしないで中出ししても、赤ちゃんはできません。しかし妊娠しているということを、忘れてはいけません。
精液には、子宮を収縮させるホルモンが入っています。なので必ずコンドームを、着用しましょう。

あと、コンドームをしないことによって、細菌が膣内に入ったら大変です。それを防ぐためにも、コンドームを着用するようにしましょう

性の健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム