別れたい理由を教えてもらえない時「性の不一致」の可能性あり

男と女の不一致

相手が「どうしても別れたい」と言ってきた時、本当の理由を知らされないまま、相手が離れて行ってしまうことがあります。
告げられる事のない「本当の理由」で多い事として、性の不一致があります。

「性の不一致」が原因で別れたカップルには、付き合って2年くらい経った恋人同士に多いようです。女性から「別れ」を切り出して、その後「別れた」という事例が、とても多いようです。

そして男性は、ハッキリした別れの理由がわからないので、復縁を望みます。
しかし女性は「性の不一致」が原因であるとは、決して言いません。別れる際は、「価値観の違い」などを理由として言います。

そのような事例において、男性が探偵会社に復縁に関する調査を依頼して、その後調査が進む中で、本当の理由が「性の不一致だった」と判明することもあるそうです。

セックスの回数が多すぎた

なお、「性の不一致」と言っても、その内容は様々あります。多い事としては

「セックスの回数が多い事が、負担だった」

というものです。
男性の中には、「セックスは多いほうが、女性は喜ぶ」と勘違いしている人もいるようです。実際には、女性がそれを面倒に感じていることに、気づいていないようです。

SMなどの性癖が原因

「性の不一致」という問題は、やはり生理的なことです。なのでセックスの回数を少なくしても、その後ずっと恋人関係や夫婦生活を持続できるかどうかは、わかりません。

ちなみに、SMなどの特殊な性癖が原因で別れた場合、復縁するには、その性癖を完全に放棄する必要があります。完全にやめないと、復縁を望めません。