人の体に触れる物から、良い物を選びたいシーツ

白いシーツ寝具と言ったら、まずは布団に注目が行きます。ですがシーツも、布団と同じくらいに注目して良い物と言えます。気持ち良さそうなシーツを見ていると、布団も気持ち良さそうなイメージを受けます。布団とシーツは表裏一体の関係と言えるでしょう。

ベッド用シーツの「大きさ」については、マットレスの寸法になるべく合っている物を使いましょう。「見た目の良さ」で言うと、マチを広めに取ったシーツならすっぽりと被せて使えます。なので、その見た目は良いです。すっぽりと被せてあるので、使用中にずれてしまう事もありません。

あと、シーツは直に体に当たる物なので、「素材選び」にも気を配りたいです。例えば毛布みたいな素材だと、使い心地は良いでしょう。
シーツと言ったら、ベッドを汚れないようにするための物と考えます。だけど、人の体に触れる物でもあります。

シーツは衣服における下着のような物と考えると、良品のシーツを選びたいです。

色々あるシーツ

シーツの中で一番知られている物は、平織シーツでしょう。その「肌触り」は、さらりとしていて心地良いです。販売価格は、お手頃で安いです。

その他のシーツでは、素材が綿マイヤーである綿マイヤーシーツがあります。その「肌触り」は、ふんわりしていて心地良いです。
「肌触り」がふんわりしていると言ったら、マイクロファイバーのシーツもそうかもしれません。生地のキメが細かくて、「肌触り」はソフトです。

ふわふわした起毛が特徴の「やわらか起毛シーツ」という物もあります。吸湿性を高める加工を施した物です。

ひんやりするシーツ

特に夏の季節になると、寝苦しい夜のために寝不足気味という人も多いでしょう。そんな時は、「ひんやりして気持ちいい」と言われているクイックシーツを使ってみましょう。温度をコントロールする素材が、生地の中に織り込まれているシーツです。

汗をかくことが多い人なら、ガーゼシーツが良いかもしれません。ガーゼが二重になったシーツもあります。
吸湿性が高いシーツには、タオル地のシーツがあります。大きなバスタオルという感じのシーツです。洗濯が簡単なシーツです。なので汗をかいても、その都度洗って清潔にできます。
あと、タオル生地をナツメ織にしたナツメ織タオルシーツも、汗をかく季節に使いやすいシーツとされています。「肌触り」が良いと評判のシーツです。

冷却シーツ

冷却シーツは、ひんやりするシーツとして注目されている寝具です。接触冷感性のある素材を用いたシーツであり、シーツそのものに「ひんやり感」を感じられます。
冷却シーツに用いられる素材の特徴と言ったら、なんといっても高い熱発散性です。その秘密は、繊維の内部に練りこまれた鉱石です。鉱石が熱を奪う事で、熱がシーツにこもらないようにしています。
洗濯機で丸洗いできるそうなので、汚れたと思ったらすぐに洗濯できます。なので、いつも清潔なシーツを使えるでしょう。
暑い夏の日は、接触冷感素材を使った冷却シーツをぜひ使ってみましょう。

以上紹介したシーツの他にも、たくさんのシーツがあります。自分にピッタリな物を見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました