栄養豊富な「しいたけ」を食べて、健康維持しましょう

栄養豊富な「しいたけ」

しいたけしいたけ(椎茸)は、ミネラルや食物繊維が豊富な「きのこ」です。

「しいたけ」から、レンチナンという抗ガン剤を抽出していることより、「しいたけ」には抗ガン作用があると言われています。

また、エリタデニンという「コレステロールを抑える働き」を持つ成分が、多く含まれています。コレステロールは、高血圧や動脈硬化の原因となる可能性があります。

「しいたけ」は生活習慣病の対策として、日頃からぜひ食べたい「きのこ」と言えます。

そして「しいたけ」は、美容にも良い食材です。ナイアシンという成分が「しいたけ」に含まれていて、この成分は「肌荒れ」を防ぐとされています。
さらにビタミンB群も含まれていて、これは美肌に良い栄養素と言われています。美容に関心がある方に、おすすめの「きのこ」と言えます。

きのこ類は、ダイエットに役立つ食物繊維を含んでいる食品です。食物繊維は、便秘を解消したり、お腹が膨らみ満腹感が得られるので、「食べ過ぎ」を防止してくれたりします。
その他にも、ビタミンB群が豊富に含まれています。これは、糖分や脂質が脂肪にならないように抑えてくれる効果を持っています。

きのこ類は、海藻と同じくらいに食物繊維が豊富であり、しかもエネルギーがほとんどありません。なので、ダイエット中に食べても安心な食材と言えます。

「しいたけ」を使ったレシピ

  1. 「しいたけ」を、アルミホイルに包んでトースターで焼きます。
  2. 焼けたら、「好みの厚さ」に刻みます。
  3. 「大根おろし」に、レモン汁、塩、しょう油で味をつけます。その「大根おろし」に、「しいたけ」を和えたら出来上がりです。

日本酒や焼酎の「おつまみ」に、ぴったりのレシピです。

ビタミンDを取れる干し椎茸

「しいたけ」は干すことによって、ビタミンDの含有量を増やせます。ビタミンDは、カルシウムの吸収率を高めることができる、重要な栄養素です。

干し椎茸は、自分でも作ることができます。スーパーなどで購入した生の「しいたけ」を、日光の当たる風通しの良い場所に置きます。ザルなどに並べて、裏返して置いておきます。

完璧に乾かせば、保存性を高めることができます。ですが、ビタミンDの含有量を増やすことが目的なら、20分から30分程度で充分です。

なお、一般に販売されている干し椎茸は、機械を使って乾燥させた物が多いそうです。そのような干し椎茸は、日光に干した物ほどの栄養価はありません。その事を理解しておきましょう。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム