病気のサインかも?妻が気になる夫の「いびき」

迷惑な夫の「いびき」

いびきがうるさい夫20代から30代の既婚女性たちがささやいている、「いびき」に関する噂話では、旦那さんの「いびき」がうるさくて眠れないということです。そして心配でもある、ということです。

「いびき」に対しては、うるさいという騒音の点が注目されますが、健康においても悪いと言えます。
「いびき」がひどい人は疲労が溜まりやすくて、高血圧にもなりやすいと言われています。睡眠においては熟睡できていないので、昼間起きている時に強い眠気に襲われたりするそうです。

病気のサインかも?

「いびき」の防止をして病気を治すためにも、自分の「いびき」を一度は確認しておくことが大切です。なぜなら「いびき」をかく人は、何かしらの病気を抱えていることが多いからです。

先程の既婚女性たちも、夫の「いびき」をなんとかしたいと考えているそうです。きちんと「いびき」の治療をするなら、病院に行くことになります。だけど、「いびき」をかいている夫には自覚症状があまりなくて、「いびき」ぐらいで病院に行かなくて良いと思っている人が多いようです。

ひどい「いびき」をかく人は、体の中に取り込まれている酸素の量が通常より少ないと言えます。体の中の酸素の量が少ない場合、心臓が酸素を取り込もうと頑張って働くそうです。これは結果的に心臓に負担を掛けることになります。

何度も奥さんから「いびき」がひどいと言われている旦那さんは、ぜひ一度素直に忠告を聞いてください。そして病院に行って、「いびき」の症状を診てもらってください。

病気の改善に繋がる「いびきの治療」

もしも、かかりつけの医師から高血圧や糖尿病と診断されている人は、念のために「いびき」の検査も受けたほうが良いかもしれません。なぜなら、

「いびき」を治すことで、高血圧や糖尿病も改善の方向に向かう可能性があるからです。

もしも高血圧や糖尿病の原因が「いびき」であるなら、その原因を取り除くと「それらの病気」が同時に良い方向に改善する可能性もあります。
つまり「いびき」の治療を行なうと、同時に血圧も改善される可能性があります。健康な体を取り戻すために、病気の根本的な原因を見つけて、それを取り除くことを目指してみましょう。

「いびき」の治療法の一つに、レーザーによる治療があります。レーザーを使うと言っても局所麻酔をした上で手術するので、痛みは「ほとんどない」ということです。

手術の「やり方」は、レーザーを「のどちんこの周辺」に当てて、気道を広げるそうです。そうすることで「喉の粘膜の震え」が解消されて、その結果「いびき」も軽減されるということです。

手術後では、やや「痛み」を感じるかもしれません。また、食事を取る際、食材を飲み込みづらいという違和感を感じる場合もあるそうです。
担当の医師の指導の下、術後の経過を見守りましょう。刺激の強い食べ物、例えば熱い物やカライ物を食べないようにしましょう。アルコールやタバコの摂取も控えましょう。

レーザー治療してまで「いびき」を治療するのは大げさだと、思うかもしれません。ですが「いびき」がひどくなると、

睡眠時無呼吸症候群や脳梗塞・心臓病などの大病を引き起こす要因

になるかもしれない、という指摘もあります。
重度の「いびき」については、何かしらの治療をしたほうが良いと思います。