そのまま電子レンジに入れて調理できる、シリコンスチーマー

シリコン製キッチングッズ

キッチングッズにおいて、近年シリコン製の物が人気を集めています。シリコン製キッチングッズの優れた点を調理に活用すると、料理全般の作業をとても楽に出来ます。

シリコン製キッチングッズには、多くの種類があります。キッチンツールとしては、

電子レンジで簡単に調理ができる「シリコンスチーマー」を始め、シリコン製の「ボウル」や「ざる」、「泡だて器」や「スプーン」

などがあります。

シリコンスチーマーの場合、そのままテーブルに並べる事ができます。とても色鮮やかなので、テーブルの上を美しく飾れるでしょう。また、お皿を使わずに済むので、洗い物の食器を減らせます。

軽くて扱いやすい点、食器洗浄機でも洗える点、シリコンラップなどのように何度も繰り返して使える点は、シリコン製キッチングッズが機能的に優れている事を示しています。

簡単に食材を調理できるシリコンスチーマー

シリコンスチーマーシリコンスチーマーとは、肉や魚、野菜などの食材を素早く簡単に調理できる調理器具です。少しの油、またはノンオイルで調理できます。

「大きさ」については、大きなサイズから小さなサイズまで、各種のサイズが揃っています。なので大勢の料理から少人数の料理まで、対応できます。

高密度シリコンを使っているので、「汚れ」が落ちやすいです。洗い物しやすい調理器具と言えます。
水で濡らしても良いので、食器洗い機で洗えます。もちろん、食器乾燥機で乾かす事もできます。

このように機能的なシリコンスチーマーは、そのカラフルなデザインも魅力と言えます。「デザインの良さ」から、他の食器とコーディネイトしたりして楽しめます。

電子レンジで使えます

シリコンスチーマーは、通販のキッチン用品で人気のアイテムです。すでに多くの家庭で活用されている、と思います。

このシリコンスチーマーに使われている物は、高品質なシリコン樹脂です。

この樹脂は耐熱温度が高いので、電子レンジで使えます。

例えばシリコンスチーマーに食材を入れて冷蔵庫に保存していた場合、そのまま取り出して電子レンジに入れて加熱できます。冷蔵庫から出して、すぐに電子レンジに入れられます。なので、使い勝手は良いです。

その逆も出来ます。シリコンスチーマーで加熱調理した際、そのまま冷蔵庫に入れて保管できます。シリコンスチーマーは「熱さ・冷たさ」を気にしなくて良いキッチン用品なので、便利です。

なお、電子レンジの中は、マイクロウェーブがうまく回転するように作られており、短時間で食材に熱を伝えられます。このような電子レンジの利点を、シリコンスチーマーでは充分に活用できます。

野菜の加熱時間

シリコンスチーマーを使って加熱調理をする場合、電子レンジの中にシリコンスチーマーをそのまま入れて調理できます。
この時のポイントは、電子レンジのワット数を知っておくことです。機種によって、出力のワット数に違いがあります。いま使っている電子レンジの出力ワット数を事前にチェックしておき、加熱時間を決めるようにしてください。

電子レンジの出力ワット数が600Wの場合について、主な野菜を加熱した際の加熱時間を、ご紹介したいと思います。
なお、電子レンジの出力を600Wに調整できない場合は、ワット数に合わせて加熱時間を増減してください。

  • かぼちゃ:4分の1サイズで、加熱時間は6分です。8分の1サイズで、加熱時間は3分です。
  • じゃがいも:中サイズ4個分で、加熱時間は7分です。小サイズ5個分で、4分です。
  • 大根:小サイズ2分の1本分で、加熱時間は6分です。大根4分の1で、3分です。
  • 人参:大サイズ1本分で、加熱時間は3分です。
  • ブロッコリー:小1株で、加熱時間は4分です。
  • ホウレンソウ:2分の1束で、加熱時間は2分です。
  • もやし:1袋で、加熱時間は3分です。

優れたキッチン用品

シリコンスチーマーは調理を簡単にしてくれて、手軽に洗える物です。なので、とても優れたキッチン用品と言えます。

私は学生時代に一人暮らししていた際、電子レンジでよく食事を作っていました。当時シリコンスチーマーのような便利なキッチン用品は、ありませんでした。だけどもしあったなら、もっと手軽に自炊できたのに、と思いました。