「潤い」のある肌になる、スキンケアオイル

スキンケアオイル
スキンケアオイルのイメージ画像

「スキンケアは、オイルがおすすめ!?」
多くの女性が、そう言っていますよね。スキンケアのためにホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、肌がしっとりして乾燥しなくなります。今よりもさらに「潤い」のある肌になる、と言われています。

ホホバオイル

ホホバオイルには、外界からの異物が肌に侵入するのを防ぐバリア機能と、肌が本来持っている水分を失わないようにする保湿機能があります。
ホホバオイルは、異物や乾燥から肌を守り、肌の「潤い」を保ち、「肌荒れ」を防ぎ、肌にツヤとハリを与えます。
ホホバオイルは、従来の洗顔料やクレンジングでは落としきれなかった肌の余分な皮脂を浮かせて取り除くことができます。

アルガンオイル

アルガンオイルと言われても、もしかしたら日本では聞いたことがないかもしれません。実は、モロッコでしか採れない貴重なオイルです。
特に、オーガニックのアルガンオイルには弾力性があります。そのため、肌にこすりつけても摩擦が少なく、肌への負担が少ないです。

オリーブオイル

基本的なスキンケアに、オリーブオイルを使う人もいます。洗顔料の代わりにオリーブオイルを使ったり、お肌の保湿のために塗ったりしています。
他にもメイク落としにオリーブオイルを塗ったり、フェイスマスクとして使ったり、小鼻に溜まる「皮脂汚れ」をきれいにしたりと、自分なりの使い方をしている人もいるようです。

このオリーブオイルは、実際に食べても大丈夫なくらい安全です。
オリーブオイルを配合した化粧品もありますが、食用油をそのまま使っても十分な効果があります。食用油には、不必要な物が含まれていません。なので、化粧用オリーブオイルよりも安全かもしれません。
オリーブオイルの肌に対する効果は、肌荒れ改善を始め、日焼け、シミ、シワ、吹き出物などにも改善の効果があるようです。

ココナッツオイル

別のオイルでは、スキンケアにココナッツオイルを使う女性もいます。化粧水をつける前や後の肌に塗ったり、他のスキンケア製品に混ぜて使ったりします。
または、メイク落としに使ったり、マッサージオイルとして使う人もいます。

自分の肌に合ったオイルを使いましょう

オイルには様々な種類があり、その種類によって効果も異なります。なので、自分の肌に合ったオイルを使うことで、より良い肌になります。その日の気分や肌の状態に合わせて、適量を使用してみましょう。

ただし肌のケアでは、質の良いオイルを使わないと、お肌が荒れてしまうでしょう。もしも肌に異常を感じたら、すぐにオイルの使用を中止してください。

スキンケアのオイルでは、品質が大切です。オイルを選ぶ時は、新鮮な物を選ぶようにしてください。



タイトルとURLをコピーしました