薬局で買えるから、手に入れやすい睡眠改善薬

医師が処方する睡眠薬

もしも眠れないことが「ずっと続いている」なら、治療が必要です。専門医に診てもらうと、睡眠薬(睡眠導入剤)を処方してもらえるでしょう。

現在では、睡眠障害の治療で使用されている薬は、安全な薬です。なので、しっかりと医師の指導を受けて服用すれば、ほとんど心配する必要はありません。若干の副作用はあると思いますが、注意事項を守って服用すれば大きな問題は起きないでしょう。

ここ最近ずっと不眠に悩んでいるなら、一度、医者(かかりつけの内科など)に行って相談してみましょう。

薬局で買える睡眠改善薬

薬

薬・イメージ画像

睡眠薬と似ている言葉で、睡眠改善薬という言葉があります。これら2つの「言葉の違い」は、何でしょうか。

睡眠薬とは、病院で医師の診察を受けることでもらえる薬を意味します。睡眠改善薬とは、薬局などで購入できる薬を意味しています。

つまり睡眠改善薬は、薬局で購入できる薬です。病院に行って医師の診察を受ける必要がないので、その分手間を掛けずに手に入れることができます。ただしその効果については、睡眠薬より効き目は弱いです。やはり医師が処方する睡眠薬のほうが、効き目は強くなっています。

改めてまとめると、睡眠薬については医師が処方する薬であり、手に入れるには病院に行く必要があります。
睡眠改善薬は、薬局で手に入る薬です。これは医師が処方する薬と比べて、その効果は「やや弱い物」になります。

ところでインターネット上の個人輸入サイトで、睡眠薬と呼ばれている物が販売されたりしています。この睡眠薬とは、主にメラトニンというホルモン成分から作られている物だったりします。
当然、医師が処方する薬ではありません。なので、実際に不眠症を解消できる効果があるかどうか、よくわからないと言えます。その点を理解しておきましょう。

個人的な体験談になりますが、アメリカのメラトニンサプリを服用していた時、睡眠中に悪夢をよく見ました。昆虫に腕を食べられる夢などです。定期的に悪夢を見るのが嫌だったので、メラトニンのサプリを飲むのをやめました。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム