コロコロ転がすだけで「ほほをリフトアップ」小顔ローラー

自分の顔の太り方

小顔になりたいと思っている方で、色々な方法を試している方がいます。しかし間違った方法を行なっていたら、結果が出ません。結局、期待通りの効果を得られず、諦めてしまう事も多いようです。

正しい方法を見つけるためには自分の顔の太り方について、そのタイプを判断する必要があります。

  • 「たるみタイプ」:ほうれい線が目立つようになってきた場合。表情筋が衰えたために、「たるみ」ができた場合。
  • 「むくみタイプ」:朝起きた時、顔が腫れていると感じる場合。
  • 「脂肪太りタイプ」:以上のどれにも当てはまらない場合で、顔や体が丸くなってきたと感じる場合。体が重いと感じる場合。
  • 「固太りタイプ」:両顎の下の部分を触った際、なんとなく固い場合。
  • 「顔の骨格が歪んだタイプ」:目の位置、口の端の位置、ほうれい線の位置などが左右非対称の場合。

まずは自分が「どのタイプ」であるかを知った上で、小顔の対策を考えていくようにしましょう。

表情筋の衰え

顔の筋肉がたるんできて、なんだか見た目が老けてしまった。年を重ねるごとに「そう感じる人」が多い、と聞きます。実際に顔がたるむと、老け顔になります。そんな老け顔を鏡で見たら、気分も落ち込みます。

顔の表情筋は、普段は全部使われていません。約30%ほどしか使われていない、と言われています。残りの使われていない表情筋は次第に衰えてゆき、たるんでゆくそうです。そして「たるみ」は、小顔になることを妨げる要因の一つとなります。

「ほっぺた」をリフトアップする小顔ローラー

最近、小顔に対する意識が強くなっているためか、色々な小顔グッズや小顔になる方法などが、雑誌やネット・テレビなどで紹介されています。情報量が多すぎて、なんだかよくわからなくなってしまうこともあります。

小顔グッズではローラーやバンドなど、様々な物が発売されています。ネットで検索するとたくさん見つかり、どれを選んだらいいか、迷ってしまうこともあります。

そんな小顔グッズの中で、顔の見た目を良くしたいと望む女性たちに人気のグッズがあります。

それは小顔ローラーです。
「ほほ」のリフトアップや小顔になる事をサポートする美容グッズです。

頬を持ち上げている女性

リフトアップ(またはフェイスリフト)とは、顔の「たるみ」を持ち上げる方法です。「たるみ」の解消や予防に繋がるアンチエイジング法と言えます。

各メーカーから色んな形の物・色んな素材を使った物が出ています。
その中で主流の物は、ゲルマニウムとプラチナを使ったローラーです。血行促進によるリフトアップ効果や美肌効果を期待できるそうです。
そして小顔の効果やアンチエイジングも、期待できるそうです。

小顔ローラーの効果については、一度使っただけでは「その効果」を得られません。ある程度の期間「継続して使う事」で少しずつ効果を得られるようです。のんびり気分で、美顔になるのを待ちましょう。

規則正しい生活

なお、気をつける点があります。ローラーに頼るだけでは最大の効果を得られない、という事です。
規則正しく生活することも大切です。「ストレス」や「睡眠不足」「食生活の乱れ」などで体の代謝が悪くなると、「顔のたるみ」に繋がるからです。

新陳代謝を下げることは顔だけではなくて、脚や手などの皮膚の下に水分を溜める原因となります。水が溜まると皮膚が伸びてしまい、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

個人的な体験談なりますが、寝不足が続くと顔が「たるんでいる感じ」になります。なので睡眠と顔の「たるみ」は、何か関係がありそうだと思っています。そしてしっかりと睡眠を取る事は、顔の「たるみ」の軽減や、お肌をいい状態にするのに大切だと思っています。