美肌になれるかも?すっぽん鍋

すっぽん鍋すっぽん鍋は、「すっぽん」のさばき方が難しい、値段が高いということより、あまり一般的な鍋料理とは言えないようです。しかし現在では、すでにさばいてある「すっぽん」が売られていたりします。なので煮込むだけで、美味しい鍋料理を作ることができるでしょう。

「すっぽん」は、「胃腸の働き」を良くするとされています。そして美容にも良い、と言われています。
「すっぽん」は、精のつく食品として有名です。しかし実は、美肌の効果を期待できる食べ物です。コラーゲンやビタミンC、コンドロイチンなどの成分を含んでいる食材です。よって「すっぽん」を食べることは、スキンケアの効果を期待できます。

すっぽん鍋のレシピ

すっぽん鍋のレシピを、ご紹介したいと思います。

材料

  • すっぽん(さばいてあるもの) …… 1匹。
  • 水 …… 4000ccから6000cc。
  • 酒 …… 200cc。
  • 醤油 …… 大1。
  • しょうが …… 親指大2個分。

作り方

  1. 大きな鍋に全部の「すっぽん」を、入れます。水と酒を加えて、生姜をそのまま入れます。
  2. 鍋の蓋をしないで、水の状態から強火で煮ていきます。生姜を入れて、水から煮る、蓋をしないというのは、「すっぽん」の「臭み」を抜くためです。
  3. 強火で沸騰させた時、灰汁(アク)が出ます。この灰汁を取ってください。取り終わったら中火にして、約2時間ほど煮込みます。ここで、「すっぽん」を煮込めば煮込むほど、コラーゲンがたっぷり入ったスープが出来上がります。
  4. 鍋から、最初に入れた生姜を取り出します。
  5. 塩と醤油を入れて、味を調えます。
  6. 「すっぽん」を土鍋に移して、豆腐や好きな野菜を入れて、少し煮込みます。
    この時、「すっぽん」の甲羅も土鍋に入れてみましょう。甲羅から美味しい出汁が、取れるからです。程良く煮えたら、出来上がりです。

鍋の締め

「鍋の締め」として、すっぽん雑炊をご紹介したいと思います。

  1. 鍋に残った具材を、全て取り出します。
  2. 水洗いした「ご飯」を入れて、一煮立ちさせます。
  3. とき卵を入れて、軽く蒸らします。これで、出来上がりです。熱々のうちにお召し上がりください。薬味などで味付けしてもいいです。


タイトルとURLをコピーしました