SOHOの仕事を堅実に行なうため、オフィス家具を使いましょう

SOHO

例えばネットを活用した働き方として、サイドビジネスのSOHOがあります。SOHOとは「Small Office & Home Office」の略です。個人または少人数(従業員10人以下くらい)が、自宅や小さな事務所などで仕事をします。

その仕事場は、情報通信ネットワーク(インターネットなど)によって会社と結ばれています。そうすることで、自宅の仕事場で仕事ができるようになります。

仕事場に必要なオフィス家具

SOHOなら、確かに自宅で仕事できます。だけど、それなりの仕事場が必要と言えます。オフィス家具などは、やはり「あったほう」が作業は捗ると思います。

それではSOHOにおいて「あったほうが良い」と言われている家具には、どんな物があるでしょうか。

まずは机と椅子が必要です。
その他、資料などを保管しておく収納庫も必要でしょう。

余裕があれば、スタッフたちと会議を行なうためのテーブルや椅子も用意するほうが良いです(ちなみに自分だけで、つまり1人だけで働くなら、会議用のテーブルや椅子は不要です)。

以上のようなオフィス家具を購入する場合、結構な金額になります。少しでも経費を抑えたい場合は、中古のオフィス家具を検討してみましょう。または、オフィス家具のレンタル会社から家具をリースする事も考えてみましょう。

書類を収納できる書庫

鍵付き書庫オフィスには、書類や物品があふれています。なので、それらをしまっておく収納スペースが必要となります。そのために、オフィス家具が必要となってきます。

収納目的のオフィス家具として、まずは書庫があります。
様々な書類を書庫に収納できるので、収納スペースとして便利です。
限られた収納スペースをより有効に活用するために、使用頻度の多い書類や物品のサイズに合わせた書庫を設置すると良いです。

なお現在では、昔に比べて仕事の書類については電子化が進みました。なので仕事関係の書類は、電子ファイルでパソコンの中にあるというオフィスも多い、と思います。

しかし依然として、多くの紙の書類がオフィスの中に存在する仕事場も多いようです。書類をきちんと書庫に収納しておけば、「書類探し」の時間を節約できるでしょう。

鍵付きの書庫

ところで近年では、「情報漏えい」が大きな社会問題となっています。そういう状況から自宅の仕事場でも、書類の管理に「より一層の配慮」が求められています。

書類の中には、第三者には見せられない「社外秘の書類」もあるでしょう。
取引先・請負先に関する情報や貴重品などを収納する場合は、

鍵付き(セキュリティ機能付き)の書庫を、設置すると良いです。

書類を始め USBメモリやスマートフォン端末など、大切な情報が保存されている物を、鍵付きの書庫内に保管しましょう。そうしておけば、安心です。

ビジネス
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム