汁物の圧力鍋レシピ

さつま汁

さつま汁圧力鍋を使った汁物のレシピ「さつま汁」を、ご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • 里芋・・・1個。
  • 鶏肉(骨付き「ぶつ切り」)・・・150g。
  • ニンジン・・・1/4本。
  • 大根・・・6センチ。
  • ねぎ(小口切り)、おろし生姜・・・少々。
  • しいたけ・・・2枚。
  • 味噌・・・大さじ1強。
  • カツオだし・・・カップ2。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    里芋の皮をむいて、輪切りにします。そして塩でもんで水洗いをして、「ぬめり」を取ります。
  2. ニンジン・大根の皮をむいて、いちょう切りにします。
  3. 「しいたけ」を斜めの「そぎ切り」にして、1つを4つに切ります。
  4. ここから調理を始めます
    圧力鍋に、「鶏肉」と「下ごしらえした野菜」を入れます。そして「カツオだし」を加えます。
  5. 「ふた」をして強火にかけます。圧力がかかってきたら弱火にして、4分ほど加圧して火を止めます。
    自然に圧力が下がるのを待ちます。
  6. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。アクを取り、味噌を加えて溶かします。
  7. 器に盛って、「小口切りにしたネギ」と「おろし生姜」を添えて出来上がりです。

この「さつま汁」は「南蛮汁」とも呼ばれています。薩摩(鹿児島)から始まったと言われている、濃厚な味噌仕立ての汁物です。鶏の骨付き「ぶつ切り肉」を使うところが特徴です。
身が骨から離れるくらいにコトコトと煮るため、時間がかかる料理です。ですが圧力鍋を使えば、短時間で作れます。

呉汁

圧力鍋を使った汁物のレシピ「呉汁(ごじる)」を、ご紹介したいと思います。

材料(2人分)

  • 大豆(乾燥)・・・1/3カップ。
  • 水・・・1カップ。
  • 大根・・・6cm。
  • ニンジン・・・1/4本。
  • ごぼう・・・1/2本。
  • 長ネギ・・・1/2本。
  • 万能ネギ・・・適量。
  • 油揚げ・・・1/2枚。
  • 味噌・・・大さじ3。
  • だし汁・・・3カップ。

作り方

  1. まずは、「下ごしらえ」をします
    大豆を、大豆の3倍の分量の水に、一晩浸しておきます。
  2. 大根・ニンジンの皮をむいて、いちょう切りにします。長ネギを1cm幅の小口切りにします。
    ごぼうの皮をそぎ落として、乱切りにします。
  3. 「油揚げ」を熱湯にかけて油抜きします。そして短冊切りにします。
  4. 万能ネギを小口切りにします。
  5. ここから調理を始めます
    圧力鍋に、(1)の大豆を水ごと入れます。
    豆を炊く際は、豆が鍋の半分以下になるようにします(安全対策のため。後述)。
  6. 「ふた」をして強火にかけます。圧力がかかってきたら弱火にして、5分ほど加圧して火を止めます。
    「ふた」に少しずつ水をかけて、急速に圧力を下げます。
  7. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。(6)をザルに上げて、水気を切ります。
    ミキサーに移して、だし汁を加えて滑らかにします。
    もしもミキサーを使わない場合は、すり鉢ですってください。
  8. 圧力鍋に(7)を入れて、「(2)の野菜」と「(3)の油揚げ」を入れます。「ふた」をして強火にかけます。
    圧力がかかってきたら、すぐに火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
  9. 圧力が下がったら、「ふた」を開けます。味噌を溶き入れます。
  10. 器に盛って、(4)の万能ネギを散らして出来上がりです。

圧力鍋で乾燥豆を調理する際の注意点

  • 圧力をかける時間が長すぎると、豆が柔らかくなりすぎます。注意してください。
  • 豆の量は、鍋の半分以下にします。豆の皮などがはがれて、蒸気が抜ける「ふた」の穴を塞いでしまうと、危険な場合があるからです。

呉汁は、ゆでた大豆をすりつぶして、味噌仕立てにした汁物です。
「油あげ」や「根野菜(ニンジン・大根・ごぼうなど)」をたっぷり加えると、とても美味しいです。