健康的にダイエットできる栄養素・大豆イソフラボン

健康食品の大豆

大豆大豆関係の食品は、健康に良さそう、ダイエットにも良さそうと言われています。例えば豆乳クッキーというダイエット食品などが、有名だと思います。

大豆関係の食品はタンパク質が多く含まれていて、抗酸化作用(アンチエイジング作用)があるビタミンEも、たくさん含まれています。よって大豆食品は、肌が美しくなることを助けて、骨がもろくなることを防ぎます。

ちなみに大豆を原料とした食品には、豆腐・高野豆腐・油揚げ・厚揚げ・ゆば・黄粉・納豆・おから・テンペ・「ずんだ」などがあります。
「ずんだ」と言えば、宮城県の郷土菓子である「ずんだ餅」が有名です。この「お餅」は、茹でた枝豆を「すり潰した物」に、餡(ずんだ)を絡めた物です。「ずんだ」には、砂糖が加えられています。

健康的にダイエットできる栄養素・大豆イソフラボン

女性の美容と健康を維持

大豆には、「女性ホルモンの働き」に似ている成分であるイソフラボンが含まれています。このイソフラボンは、豊胸に効果があると言われています。豊胸を目指す女性にとっては、大豆食品は「ぜひ食べたい食品」と言えます。
その他にも、ニキビなどの「肌荒れ」の防止に効果がある、顔の「たるみ」を解消する、と言われています。そして骨粗しょう症の予防にも効果がある、と言われています。
よって栄養素の大豆イソフラボンは、女性の美容と健康維持にとても大切な役割を果たします。

適切に大豆イソフラボンを取ることは、女性ホルモンの減少が原因で発症する病気(更年期障害・乳がん・骨粗鬆症・動脈硬化など)の改善に効果がある、とされています。他には、生理不順の改善などにも効果があるとされています。

体内にイソフラボンという栄養素を取り入れるダイエットは、女性の美容と健康を維持する点において良い、と言えます。

大豆の「お菓子」

ダイエット・スイーツによく含まれている「豆乳」や「おから」には、イソフラボンなどの栄養がたっぷり含まれています。なので低カロリーなのに、1食分に必要とされる栄養がバランス良く含まれています。そのため体調を悪くしたり、肌のトラブルが出たりすることなく、ダイエットを進められます。

ところで、市販のダイエット・スイーツで使用されている食材の一つ・豆乳については、国産の大豆を使うなど、「こだわり」があるようです。また、味についても、実績のあるシェフが監修していたりします。

そんな「こだわりのあるダイエット用スイーツ」は、美味しい「お菓子」と言えます。なのでダイエット中に食べることで満足感を得られて、ストレスの軽減にも繋がるでしょう。大豆を活用した「お菓子」を食べて、理想の体型をぜひ目指してください。

「食べ過ぎ」に注意

大豆を食べ過ぎることで、女性ホルモンのバランスを崩してしまうことがあります。
例えば、ダイエットするために大豆の料理ばかり食べていると、大豆イソフラボンを過剰に摂取することになってしまいます。

栄養素の大豆イソフラボンについては、一日に摂取しても良いとされている量が決まっています。適量以上の大豆イソフラボンを摂取すると、

女性ホルモンのバランスを崩してしまう「恐れ」があります。

現在では、イソフラボンが凝縮された豆乳なども販売されています。このような食品を取る際、注意が必要です。特に妊婦の方は、イソフラボンの摂取のしすぎに注意してください。

大豆イソフラボンの摂取量

イソフラボンの摂取量は、一日に40mgから50mgほどが理想的です。
大豆から直接摂取するよりも、納豆などの大豆加工食品から摂取するほうが体内吸収が良い、と言われています。納豆の場合は、一日1パックが理想的な量になります。
また、単品で摂取するよりはビタミンEを混ぜたほうが効果がアップする、ということです。