野菜の具を入れて栄養が取れる、豆乳スープ

ダイエット食品で有名な豆乳

以前にダイエット食品として、豆乳ブームが巻き起こりました。
豆乳は、栄養価の高い健康食品です。低カロリーであり、牛乳と比べても脂質の量が少ないです。牛乳の代わりに豆乳を飲めば、摂取カロリーを抑えることができます。
そして美容にも効果がある、と言われています。生理痛や更年期障害を改善する成分も含まれています。

豆乳スープ

そんな豆乳を効率良く取るには、豆乳を使ったダイエットスープ、豆乳スープがお勧めです。スープにすれば、豆乳独特の臭みも目立たなくなります。よって、美味しくいただけるでしょう。
豆乳を飲むだけでは満腹感を得られない人や、置き換えダイエットをしたい人に、豆乳スープは向いているダイエット料理です。

豆乳スープの作り方

  1. しいたけ4枚、ねぎ1本を薄切りにして、しょうが2片、にんにく2片を細かく刻みます。
  2. 鍋に水1カップと昆布適量を入れて、「だし」を取ります。
  3. 鍋に、刻んだしいたけ、ねぎ、にんにく、しょうがを加えて煮立てます。
  4. 豆乳1カップと、ミキサーにかけた豆腐一丁、大豆の水煮60グラムを加えます。少量の「天然塩」と「こしょう」で味を調えて完成です。

にんにく、しょうがについては、生の物でなくてチューブ入りの物を使っても良いです。調理時間を短縮できます。
また、豆腐をミキサーにかける代わりに、スプーンで崩しても良いです。違った食感を楽しめます。

豆乳スープでダイエットする場合は、少なくても毎日1杯ずつ、欠かさず食べるようにします。ダイエットに対して、最も効果的にスープを飲みたいという人は、夕食をスープに置き換える方法があります。

具沢山なスープ

豆乳鍋豆乳スープのメリットとして、具によって様々な栄養を取れることです。

例えば「たくさんの野菜」を入れることで、豆乳だけでは取ることができない栄養分を、野菜から取れます。ダイエット中にこそ、栄養豊富な料理を食べる事が大切です。

野菜の具をたくさん入れても、カロリーはあまり高くはなりません。よって、「豆乳と野菜の組み合わせ」は栄養素の面だけでなくて、ダイエットの面からも最適な組み合わせになります。

また、温かいスープは冷たい豆乳と違って、ゆっくりと味わって食べることになります。
ゆっくり食べることは、ダイエットでは大切なことです。

ストレスが少ないダイエット料理の一つ

野菜入りの豆乳スープのように、栄養が取れてカロリーが低いという食品は、ダイエットには強い味方になります。

豆乳スープは豆乳ダイエットの中でも、ご飯感覚で食べる事ができます。なので、ストレスが溜まりにくいダイエット料理の一つと言えます。

ちなみに無調整の豆乳で作るスープがダイエットに一番良い、と言われています。 それは調整された豆乳よりも、多くの成分がたくさん含まれているからです。



タイトルとURLをコピーしました