肥満の改善そして予防も期待できる、大豆たんぱく質

大豆たんぱく質のダイエット効果

大豆

大豆のイメージ画像

大豆の「たんぱく質」は、ダイエットに効果的な作用があったり、肥満を予防する効果があると言われています。
様々な実験が、何度も行なわれました。そして、大豆たんぱく質を実際に摂取していた人の体重変化が、他の「たんぱく質」を摂取していた人と比べて、調子が良いことがわかりました。

大豆たんぱく質は、他の「たんぱく質」よりも脂肪を燃焼させる力が強いと言えます。なので、ダイエットを成功させるのに有効だそうです。

さらに大豆たんぱく質を摂取することで、

肥満を改善させるのに効果があるだけでなくて、肥満を予防することにも効果があると期待されています。

また、大豆たんぱく質は、体脂肪を減らす効果が比較的高いそうです。

もしも肥満になりやすい食生活を続けている人は、それを改善するために、毎日の食事の中に大豆たんぱく質を積極的に取り入れてみましょう。
「太り過ぎの人」や「隠れ内臓肥満の人」は、自分の食生活を見直して標準体重を目指しましょう。

なお、現在は適切な体重であっても注意が必要です。その食生活において、動物性たんぱく質を多く取っていたり、脂肪分を多く含む食事を好んで食べていたりすると、将来的に肥満になってしまう恐れがあります。気をつけてください。

今日からでも良いので、大豆製品を気にしながら料理を工夫してみてください。肥満を予防できると思います。すでに肥満体型の人であっても、改善してゆけると思います。
健康で美しい体を保つために、大豆の「たんぱく質」を取りましょう。

大豆たっぷり炊き込みご飯

大豆に含まれている「たんぱく質」には、肥満を予防する効果やダイエット効果があると言われています。
研究結果からも大豆たんぱく質は、他のたんぱく質と比較して脂肪の燃焼作用が高いです。よって、ダイエットに効果的ということが証明されています。

そんな大豆製品をたっぷりと使った「大豆たっぷり炊き込みご飯」の作り方を、ご紹介したいと思います。
いつもの炊き込みご飯の食材を変えたり、たくさんの具材を使ったりすることで、見た目も美味しくて、少ない「お米」でも充分に満腹感が得られます。

以下、大豆の炊き込みご飯4人分の作り方です。

  1. まずは干し椎茸2枚を水で戻して、薄切りにしてください。
    その時残った戻し汁を、後で使うので取っておいてください。
  2. にんじん(1/3本)を、短いせん切りにします。
    厚揚げ(60グラム)を、熱湯にくぐらせて油抜きします。そして、1センチに切ります。
  3. ごま油を熱した鍋に、「大豆の水煮(120グラム)」、「椎茸」と「にんじん」、さらに「厚揚げ」を入れて炒めます。
    よく炒めたら、塩小さじ2/3、しょうゆ大さじ1、酒大さじ1と1/3を加えます。約10分ほど煮込んだら、具と煮汁を分けます。
  4. 胚芽米(280グラム)を洗い、それを同量の鰹だしに浸けて1時間ほど置きます。
    その後、椎茸の戻し汁と煮汁をそこへ加えて、420mlの水加減にします。
  5. そして、炒めて取っておいた具を炊飯器に入れて炊いてください。
    炊き上がったら器に綺麗に盛り付けて、適量の三つ葉を2センチに切って散らします。

これで、出来上がりです。この「大豆たっぷり炊き込みご飯」で、美味しく楽しく栄養を摂取してください。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム