ムダ毛が薄くなる事を期待できる大豆食品

ムダ毛いらないですね……

どうしてムダ毛は、生えてくるのでしょう?
犬や猫の動物の様に「全身毛だらけ」だったら、「体を守ってくれる毛」に感謝できるでしょう。

しかし人間においては、

この微妙な量の「毛」に、ありがたみをこれっぽっちも感じません。だから「ムダ毛」と呼ばれているんでしょうね……。

ムダ毛を処理している女性夏の季節が近づいてくると、脱毛するために多くの女性たちがエステサロンへ通います。脱毛することは、女性にとって気をつけるべき「身だしなみ」の一つです。

もちろん自分で、脱毛を処理できます。しかし「カミソリ」や「毛抜き」などの方法は、肌に負担を掛けてしまうことがあります。

ムダ毛対策で大切な食生活

毎日ムダ毛の処理をしている人にとって、永久脱毛という言葉は魅力的でしょう。
今では、様々な脱毛クリームやローションなどが発売されています。家庭でも手軽に、永久脱毛に近い事が可能になったような気がします。

しかしやはり家庭では、完全な永久脱毛を行なうことは難しいです。
脱毛クリームの中には、抑毛剤が含まれている物もあります。しかしこれもある期間、使い続けてみないと効果がわからないようです。すぐに、その効果を実感することは難しいです。

実は、ムダ毛対策として食生活も大切です。ダイエットして食生活が乱れるとホルモンのバランスが崩れてしまい、そのため体毛が濃くなる場合があるそうです。

一般的に女性ホルモンが不足すると、体毛が増えたり濃くなったりする

と言われています。

女性ホルモンを補って抑毛

女性の方で「毛深い」と悩んでいる人、男性の方でムダ毛とは反対に「毛が薄い」と悩んでいる人、結構多いと思います。

ムダ毛薄毛になってしまう理由としては、ホルモンが関係していると言われています。加齢のためやストレスの影響によって、「女性ホルモンの働き」が悪くなると、「口の周り」や「顎」に「ひげのような毛」が生えてきてしまうことがあります。

女性ホルモンには、「エストロゲン」「プロゲステロン」という二つのホルモンがあります。
男性ホルモンについては「テストステロン」というホルモンがあります。このホルモンがムダ毛の「濃さ」や「量」などに影響しているのでは?と言われています。

男性ホルモンの影響により、ムダ毛が生えます。そこで、女性ホルモンを補うことによって、男性ホルモンとは「逆の働き」を期待できます。つまり、ムダ毛が生えないことを期待できます。

大豆イソフラボン

大豆

大豆に含まれている成分に、大豆イソフラボンがあります。特に大豆胚芽に多く含まれている成分です。
女性ホルモンについて言うと、この大豆イソフラボンは「女性ホルモンと似た働き」をします。よって大豆イソフラボンを補うことで、抑毛を期待できます。
豆乳などの大豆食品を取ることで腕や脇、足などに生えているムダ毛を薄くする効果を期待できます。さらに「毛が伸びる早さ」も遅くなる、と言われています。

ちなみに大豆イソフラボンは、脱毛クリームや抑毛剤に配合されています。毛穴の奥に大豆イソフラボンを浸透させることで、ムダ毛を細くして、抜けやすくします。そして毛の成長を遅くして、最終的には「ムダ毛の悩み」を解消してくれます。

抑毛の効果を期待できる豆乳

豆乳は、美容と関係が深い食品と言えます。豆乳の効果で特に有名な事は、ムダ毛を生えにくくする効果でしょう。例えば体に塗るローションに、豆乳の成分を使っている製品があります。
なお豆乳には、ビタミンがたっぷり含まれています。よって、肌にハリを与える効果もあるそうです。

タイトルとURLをコピーしました