スピーカーの活用例

テレビの音質改善

薄型テレビでは、スピーカーの容積が小さいです。よって、音質を確保することが難しいと言われています。
特に格安ブランドの薄型テレビには、音質の悪い物もあるようです。買う前に、注意する必要があるでしょう。あまりにも音質の悪いテレビだと、地上デジタル放送を見ても、その「良さ」を存分に体験できないと言えます。

「音割れ」の改善

格安な薄型テレビの中には、音量を上げようとした際、音が割れてしまうことがあるようです。もしも可能なら購入する際、実際に音量を上げて、音割れするかしないか確認しましょう。カタログに記載されている出力表示を、100%信じないようにしてください。

「音割れ」を改善する方法は、無いでしょう。なので、スピーカーを追加して改善することになります。追加するスピーカーについては、高品質なアンプを搭載しているホームシアターセットなどのスピーカーが、良いでしょう。

音質の改善

格安な薄型テレビの中には、セリフなどをはっきりと聞き取れない物があります。音量を上げていくとテレビの本体が共振して、こもった音声になることがあります。
テレビの音質の確認方法としては、実際に音量を上げた時にセリフなどがはっきりと聞こえるか、テレビの背面などに不要な振動がないか、確認しましょう。

音質を改善したい場合は、アンプ内蔵のスピーカーを追加してください。その際、スピーカーの下に防振ゴムを用いると、音質が若干良くなるかもしれません。防振ゴムは100円ショップなどにも販売されています。

良品のテレビを選びましょう

なお、薄型テレビの場合では、スピーカーが狭いスペースに収められています。なので、どうしても音質に問題が出やすいと言えます。音量に関しても、充分な出力を得られない事もあります。
地上デジタル放送ならではの高音質に「こだわりたい人」は、格安な薄型テレビでなくて他のテレビを選ぶようにしましょう。

余談になりますが、一昔前のブラウン管テレビでは、テレビに「奥行き」がありました。なので音についても余裕がありました。テレビの容積が大きかったので、内蔵のスピーカーに余裕がありました。よって安価なテレビでも、それなりに音質が良かったそうです。

パソコンの音質改善

パソコンの音質が、イマイチな気がする……。そんな意見をよく聞きます。確かにオーディオ機器と比べたら、その音質は物足りないと思います。
しかしパソコンでも音楽を楽しみたい。そんな時は、ちょっとしたスピーカーを活用してみましょう。PC用スピーカーの中には、だいたい1000円から2000円くらいで販売されている物でも、音質は結構良い物があります。ぜひ探してみてください。

余談になりますが、ネット上には音楽を視聴できるサイト(サービス)があります。パソコン作業中のBGMとして、聞き流すのにいいと思いました。

音が鳴らないトラブル

パソコンの再生に関するトラブルで、「音が鳴らない」というトラブルは多いようです。一度は経験した事のあるトラブルと言えるでしょう。
音関連のトラブルの原因で、一番わかりやすいものはスピーカーの故障かもしれません。もしも予備のスピーカーを持っているなら、交換してみてください。あっさりと音が出て来るかもしれません。

次に、パソコン自体の音量設定が原因になっている事があります。いつの間にか、音量がゼロの状態(ミュート)になっている場合は、当然音は鳴りません。モニターやキーボード上にミュートボタンがあり、それを押したままだったという事もあったりします。いま一度、音量を確認しましょう。

稀な原因だと言えるかもしれませんが、サウンドドライバーの損傷が原因の場合があります。そんな場合は、ドライバを再インストールすると直るかもしれません。

スマートフォンの再生環境の改善

スマートフォンで音楽を聞いている人が多い、と思います。音楽を聞く時、使ってみたい便利なアイテムにスピーカーがあります。
スマートフォン用のスピーカーの中には、スマートフォンとドッキングさせて使える物があります。ドッキングさせる事で、自動的に充電が開始されます。なので、「スマートフォンの電池切れ」を心配せずに、音楽を楽しめます。

さらにBluetoothが搭載されているスピーカーなら、音楽再生をワイヤレスで行なえます。スマートフォン端末から、ワイヤレスで音楽再生できます。なお、音の伝送はフルデジタル伝送なので、音質の劣化も少ないという事です。
「スピーカーの大きさ」も、薄型でコンパクトな物が多いです。部屋に置く際も、置き場所を取らないでしょう。

スマートフォンの音量改善

スマートフォンでは、外付けのスピーカーを必要とする場面も多いと思います。外出先でなくて自宅の部屋で音楽を聞く際、スピーカーを使って大きな音を楽しみたいでしょう。

そんなスピーカーの中に、電源不要で使えるスタンドスピーカーがあります。電源を使わずに、なぜ音が大きくなるのでしょうか? その秘密は、スピーカー内部のホルン形状にあるそうです。内部のホルン形状により、音を効果的に反響させる事で音を増幅させているそうです。こんな事ができるなんて、びっくりする方も多いと思います。まさに「匠」が作り出したスピーカーと言えます。

その使い方は、とても簡単です。スマートフォンを立てるだけです。面倒な配線をする必要はありません。ジャックにイヤホンを差し込む必要もないです。
スピーカーのボディは、おしゃれ感があります。なので部屋のインテリアとしても、存在感ある物になっています。

スピーカーを設置しましょう

近年、高画質という言葉をよく聞くようになりました。地上デジタル放送のハイビジョン映像を始め、パソコンのディスプレイ機器においても「クリアな画質」をセールスポイントにしている物があったりします。
ドラマや映画、ネットの動画を楽しむ際、美しい映像のほうが臨場感を味わえると言えるでしょう。

ところで臨場感と言ったら、高画質だけが要因ではありません。高音質、つまり音も重要な要因と言えます。

テレビやパソコンに対して、ワンランク上のスピーカーを設置してみましょう。

サラウンドを楽しむことができたりします。グラフィックと同様に、サウンドにもこだわってみましょう。「こだわって良かった」と、きっと満足できると思います。

スピーカー最後に音響機器と言えば、学生だった頃、オーディオ機器に高い関心を持っていた時期がありました。アンプやスピーカーなど、よくわからないけれど、家電量販店で眺めていた事がありました。
学生だったので「お金」もなくて、安い機器しか買えませんでした。だけど楽しく音楽を聴いていました。

時は流れて、今ではスマートフォンでYouTubeの音楽を聞く事が多くなりました。スマートフォンは確かに便利です。だけど、あえて「こだわりのオーディオ機器」で音楽を聴いてみたい。久しぶりに、そう思ったりしました。