健康効果がある特定保健用食品

健康に配慮した食品で有名な物に、特定保健用食品(トクホ)があります。この特定保健用食品は、明らかに健康に有効であるという食品の事を言います。
それに対して、一般的に健康食品と呼ばれている物は特定保健用食品ではありません。一般の食品に分類される物だからです。

日本では1991年に特定保健用食品(通称「トクホ」)の認定が始まりました。
この特定保健用食品は、体調の悪化や健康障害の原因とならない食品、健康に良い食品として、厚生労働省が認めた食品です。
例えば、ダイエットをしたい人への販売促進のために「お腹の肉付きが気になる方に」と表示可能な食品は、この特定保健用食品に該当します。

特定保健用食品の定義は、簡単に言えば、
「この食品を食べると、こんな効果が期待できますよ」
と宣伝することを、国から許可された食品のことです。

過剰な広告や宣伝に惑わされて、効果のない健康食品を買ってしまうのは、消費者にとっては迷惑な話です。それを防ぐのが、この認定制度の目的だとも言えます。

認定について

特定保健用食品と認められるためには、以下のような事項を満たす必要があります(2009年当時)。

  • 日常的に食する食品である事。
  • 食品または関与成分について、科学的な根拠に基づき医学的、栄養学的な観点で明らかになっている事。
  • 食生活の改善、健康の維持と促進を期待できる食品である事。

特定保健用食品については、続けて取る事を前提としています。なので、あまりにも高額な物や希少な物は認められません。継続できる食品である事が前提となっています。
そして得られる効果(期待されている効果)に対して、科学的に証明されている事が求められています。何となく効き目があるでは駄目です。

その食品を取る事で健康を保てる事も必要とされています。食生活を健全にする食品である事が求められています。
特定保健用食品として認められるには、多くの事項をクリアする必要があります。企業が努力した結果とも言えるでしょう。

乳酸菌飲料
乳酸菌飲料

トクホに認定されると、厚生労働省の認定マークを商品に付けることができます。
私たち消費者にとっては、「トクホ」マークの付いた食品を食べたり飲んだりする事で健康を維持できる、ということになります。

よく見かける食品としては、血圧やコレステロールのコントロールができる食品があります。例えば、ヨーグルトや乳酸菌飲料などです。
他には、お腹の調子を整えるための食品も、よく見かけます。例えば、食物繊維を含んだ物があります。

健康効果がある食品の提供

健康を考える時、まずは食事の事を考える必要があると言われています。近年話題の特定保健用食品が登場した背景の一つに、健康の効果が確認された食品を提供するため、という理由があるようです。
食事が偏っているからと言って、すぐに病気になるとは言えません。ですが、病気になってしまうリスクは高まると言えるでしょう。

日本は、世界的に見ても「長生き」の人が多い国です。ですが、病気をせずに健康のまま長生きしている人は少ないかもしれません。健康を維持するために、食事の役割に注目しましょう。日常生活において、食事内容にもっと気をつけましょう。



タイトルとURLをコピーしました