株の初心者でも利益を狙える株式投資信託

株式投資信託

投資信託は、その運用をプロに委託する金融商品です。その中でも、主に株によって運用する投資信託の事を株式投資信託と言います。

株式投資信託の大きなメリットは、

小額の資金で分散投資を行なえる事です。

株式市場

分散投資は、一つの銘柄に投資を絞るのではなく、複数の銘柄を投資の対象とすることで、一つの銘柄のトラブル発生によるリスクを軽減させる投資法です。
沢山の銘柄に投資するには、それだけ沢山の資本が必要となります。しかし投資信託の場合は、小額でそれを行なえます。
資金の少ない初心者の方には、ありがたい事だと言えるでしょう。

そして、小額の資金でプロの力を借りる事ができるのも強みです。
どのような分野にしても、プロの専門知識を利用する場合は、それなりに高い報酬が必要となります。弁護士や探偵などの拘束料金を見ると、それがよくわかると思います。
しかし株式投資信託の場合は、1万円くらいでプロの力を借りる事ができます。これも、初心者の方にとっては便利な点でしょう。

また、株式投資信託は、その種類は「とても豊富」です。世界中の様々な株式を、投資対象とできます。
例えば個人で海外の株を情報収集して投資するのは、その費用を考えると、ほぼ不可能に近いと言えます。ですが株式投資信託なら、それを容易に行なえます。

ハイリスク・ハイリターン

株式投資信託のリスクについてですが、元本保証はなく、ハイリスク・ハイリターンの部類に入ると思います。株は「値動き」があるので、株式投資信託の収益もそれに連動して変動します。
ただし自分で分析を行ない、投資する株を決めるのとは違い、専門の資産運用会社が銘柄を決定するので、分析に必要な知識を勉強して覚えることは不要です。

株に興味があるけど、どの株を買えば良いか?わからない、という初心者の方には、

株式投資信託は「おすすめ」できる投資法の一つです。

上場投資信託

正式名称を「株価指数連動型・上場投資信託」と言います。ETF(Exchange Traded Fund)という略され方をする場合が、多いようです。
この上場投資信託とは、投資信託の中で、その価格が株価指数や商品の価格、商品の指数などと連動するように、上場されている投資信託のことです。
初心者から上級者まで、幅広く利用されている投資信託です。

上場しているので、当然ながら市場での取引が可能となっています。
連動する指数はTOPIXや日経平均株価といった、株取引などで定番となっている指数です。なので、その方面の知識がある方にとっては、かなり馴染みのある取引となる事でしょう。

市場で取引されるので、通常の投資信託よりも売買する際のコストが安く、信託報酬も安くなる事例が多いようです。
よってコストを抑えたい場合には、有効な金融商品と言えるでしょう。

さらに株の売買と同様に、売買できます。
投資信託なので、基本的には運用会社に「お任せ」となります。ですが申し込みなどの「手続き」は、ネット証券会社で広く取り扱っています。よって、株の売買と同じように売買を行なえます。

運用費用が少なくて済み、株式と同じ手数料です。情報を集めやすくて、立会時間中はいつでも売買できます。なので、かなり有効な投資と言えるでしょう。
そうは言っても、もしかしたら初心者の方には少し難しいかもしれません。でも大金を扱わなくてもいいので、初心者でも上手に投資できる可能性がある金融商品と言えます。

副収入
この記事をシェアする

【広告】ETF 投資信託 」の関連商品

• Amazon.co.jp

ETF(上場投資信託)まるわかり! 超活用術2019 (日経ムック)

ETF(上場投資信託)まるわかり! 超活用術2019 (日経ムック)

Amazon 価格:1,000 円(2019年4月19日 21:52時点詳細はこちら)

製造元:日本経済新聞出版社

種別:ムック

販売店:Amazon.co.jp

• 楽天市場

ETF(上場投資信託)まるわかり!超活用術2019 (日経ムック) [ 東京証券取引所 ]

ETF(上場投資信託)まるわかり!超活用術2019 (日経ムック) [ 東京証券取引所 ]

価格:1,000 円[税込](2019年4月19日 21:52時点)
送料込

販売店:楽天ブックス

【楽天ブックスならいつでも送料無料】
日経ムック 東京証券取引所 日本経済新聞出版社イーティーエフジョウジョウトウシシンタクマルワカリチョウカツヨウジュツニセンジュウキュウ トウキョウショウケントリ……

グッズ・メモランダム