部屋の整理収納に便利な収納ボックス

不満がある「家の収納」

家の収納について多くの人が頭を悩ませている、と思います。いま住んでいる家の収納に対して、不満を持っている人が7割近くいる、というアンケート結果もあったりします。
うまく整理収納できない、と多くの人が悩んでいる状況かもしれません。屋根裏収納や床下収納では、収納スペースが足りない状況かもしれません。

だけど家の中をよく見ると、使用されていない空間が見つかったりします。例えば「2階建て」の家なら、階段の下にも収納スペースを確保できることが多いでしょう。そんな空間を収納に活用すれば、家が片付くかもしれません。

家を片付ける際、寝室などに洋服を収納できる大容量の収納スペースを確保するのも良いです。「奥行き」を出来るだけ確保して、ハンガーを縦列でかけられるようにしてみましょう。収納できる洋服の枚数が増える、と思います。

洗面所や台所、玄関や浴室などでは、小物が多いです。これらの場所には、小物がひと目で探せる棚などを設置してみましょう。

部屋の収納

家を片付けて広く見せるには、各部屋を片付ける必要があります。例えば、部屋の中に多数の家具があったら、「狭さ」を感じてしまいます。そして「きゅうくつな感じ」を受けるでしょう。家具を有効に活用するためには、適当なスペースが必要です。なので部屋の整理整頓を、しっかりとやっておきたいです。

リビングの収納

リビングという部屋は、家族のみんなが集まる場所と言えます。なので、いつも綺麗に片づけておきたい場所と言えます。ですが実際には、色んな物が集まっていて散らかっている事が多いようです。

リビングをスッキリさせるためのコツとしては、「自分の物は置かない」「収納場所を作る」などがあります。
まずはリビングに自分の物を持ってきて、置きっぱなしにしないようにしましょう。個人の持ち物は、自分の部屋などに置くようにします。リビングに置く物は、家族で共有して使う物だけにします。
だけどそうは言っても、リビングに物を持ってきたい場面もあるでしょう。そんな時はリビング内に収納場所を作り、その場所に物を置くようにします。物を置く場所が決まっているなら、ある程度見た目をスッキリさせる事ができる、と思います。

収納ボックス

収納ボックス部屋の中の整理収納に欠かせないアイテムと言ったら、収納ボックスがあります。物をしまうのに、とても便利な箱と言えます。

収納ボックスの良い点は、「種類」や「大きさ」が同じボックスの場合、重ねて使用できる点です。ずれないように溝があります。なので、まるでタンスのようになります。
収納ボックスは、2段、3段と重ねて使えます。ボックスは、ある程度丈夫にできています。なので、そこそこ重い物でも収納できるでしょう。

なお、多くのボックスは半透明です。中身が透けて見える、と言えます。人によっては、部屋の中にそのまま置きたくないかもしれません。そんな時は、「押入れ」で利用しましょう。「押入れ」で使用する場合なら、ボックスの中身が透けて見えても問題ないです。

収納ボックスを活用しやすい「押入れ」という場所

日本の家庭においては、「押入れ」が最も一般的に使われている収納場所だと思います。この「押入れ」をうまく使いこなすと、収納においてかなり役立つスペースとなります。
「押入れ」を使った収納方法でよく見られるものは、箱をたくさん用意して、その中に物を適当に入れて、それら箱を「押入れ」に積み重ねて収納する、という方法でしょう。

この方法は、良さそうな気がします。ですが、奥の方や下の方の箱を取り出す時に不便です。積み重ねた箱を取り出す作業を行なう必要があるからです。
収納では、後から物を取り出しやすくするのも大事と言えます。なので例えば、引き出し式の収納ケースを使うとか、「押入れ」に棚を作ってそこに箱を積んでゆくなど、工夫すると良いです。

「押入れ」を活用した収納においては、「押入れ」の「高さ」と「奥行き」を充分に活用できていない場合が多い、と聞きます。無駄なスペースができないように収納してみましょう。

部屋にモノがあふれていて、困っているという人は多いでしょう。きちんと整理整頓し続けることは、意外と難しいです。収納ボックスの中で使える「小さな収納ケース」については、100円ショップなどにも良さそうな物があります。なので「そのようなケース」を活用すれば、少しは片づけられると思います。

湿気対策

収納ボックスは、衣類の片づけなどで利用されたりします。そんな時、湿気対策するには、どんな方法があるでしょうか。
まずは市販の除湿剤を置くことです。湿気対策の定番の方法と言えます。
他には、炭を使う方法もあります。炭は、消臭と除湿の両方に優れた効果を発揮します。なので衣類の収納時、ぜひ活用したいグッズです。

なお、市販の除湿剤や炭を購入するには「お金」がかかります。除湿対策であんまり「お金」をかけたくないと思う場合は、新聞紙を数枚敷いておくという方法もあります。
新聞紙には除湿効果だけでなくて、虫が寄ってこないというメリットもあります。虫が、印刷された「インクの匂い」を嫌うからです。ただし100%有効とは言えません。なので、お気に入りの衣類や高価な衣類を収納する場合は、市販の防虫剤を使うほうが良いです。

荷物を置ける「収納ボックスの上」

頑丈な収納ボックスの場合では、物をしまうという以外にも、物を置くという使い方ができます。例えば、収納ボックスの上に布団を置くという使い方です。
ボックスを一列に並べて、その上に布団を置きます。丈夫なボックスなら、「ある程度の重さ」に耐えられます。

ただし、本来の使い方ではありません。なので、物が破損するなどの事故が起きるという危険もあります。なお、ここで言っている事は、人はボックスの上で寝ません。布団だけを乗せておきます。収納ボックスの上で、布団を収納しておくだけです。