痩せるのに失敗した理由がわかる「ダイエットの失敗談」

「食べ残し」を食べてしまった

食べ過ぎ

食べ過ぎのイメージ画像

ダイエット中ということで食事に気をつけていても、家族が食べ残した物を「もったいない」と思い、つい食べてしまっては意味がありません。

また、「おやつ」の時間に子供さんが残した「お菓子」を食べてしまうと、「カロリーの取り過ぎ」になってしまいます。

「食べ残しはもったいない」という気持ちは、とても大切です。しかしダイエットが必要だという体型の場合、それは別問題になります。
「食べ過ぎ」によって、持っている服がキツくなってしまって、大きいサイズの服を買うことになったり、糖尿病や生活習慣病などになって、高額な医療費が掛かったりしたら、食べ残しは「もったいない」と言っていられません。

実際に太ってくると、多くの場面で「もったいない出費がある」という状況になります。
痩せるために高いダイエット食品を購入したり、ジムやエステに通うために高額な入会金を支払ったり、お金を支払う「きっかけ」が増えていきます。

全部残さず全て食べることは、健康的に考えて「それほど良いこと」ではありません。
難しいかもしれませんが、余分な料理を作らないようにしてみましょう。たくさん料理を作ることも、場合によっては「もったいないこと」と言えます。

置き換えダイエットの失敗談

痩せるためにダイエット食品を利用して、置き換えダイエットを試みた方がいると思います。

置き換えダイエットとは、食事の代わりに「低カロリーのダイエット食品」を食べることで、余分なカロリーを制限するという方法です。この方法は痩せると言われていますが、実際に試してみると、なかなか予定通りには行かないようです。

一つの例として、置き換えダイエットを実際に試した人の体験談を、ご紹介したいと思います。

ある女性は、成功率が高いと言われている「あるメーカーのダイエット食品」を利用して、置き換えダイエットをしました。
ドリンクタイプとスープタイプを試したそうですが、どちらも味がまずく、その上ニオイも苦手だったそうです。
そんな状態では食事に強いストレスを感じるようになってしまい、長続きせずに失敗してしまいました。このダイエット食品は「かなり高額だった」ので、とても後悔したそうです。

また、別の女性は、朝食の代わりにダイエット・ドリンクを飲んでいました。
このダイエットを始めてから、頭が働かないような感じがして、仕事にも支障が出たということです。

もしもダイエット食品による置き換えダイエットを始める際は、事前によく調べてから始めましょう。

無理な食事制限で体調不調になった

ある女性のダイエット失敗談ですが、無理な食事制限をして、目標としていた48kgまで体重を落としたそうです。
しかしその後、体がフラフラして、毎日だるく感じるようになったそうです。体調を崩してしまうこともあったそうです。
この女性は体重を減らすために、カロリーのことだけ考えていたそうです。栄養バランスを考えていなかったようです。

その女性は、自分が行なっていたダイエットは不健康な「やり方」だったと反省しました。その後、健康的に痩せるために、栄養バランスを重視しつつダイエットを行なってゆきたいと考えるようになりました。

ちなみに市販の食品で、カロリーオフ(ゼロ)という物が目立ってきています。ですがカロリーオフの食品だけを食べていたら、きっと体を壊してしまうでしょう。痩せたいからといって偏った食事をしないように、気をつけたいです。

同じような食品だけ食べて、失敗しました

食事制限によるダイエットの失敗談ですが、ある人はカロリーを抑えることを一番に考えて、極端な食事制限をしました。

この人の「ある日の食事」を見ると、朝食はコーンフレークだけ、昼食はヨーグルトとカロリーメイト、フルーツ、そして夜は「おかずだけ」でした。
このような食事を続けて、最初の一週間で3キロも減ったそうです。

しかし物足りない食事にストレスが溜まり、夕食を思いっきり食べてしまったそうです。そして体重は減ることはなく、増える一方になってしまいました。結局、ダイエットに失敗してしまいました。

同じような物ばかり食べていては、やはりストレスが溜まってしまいます。過去に単品だけ食べるダイエット法が話題になった事がありましたが、長い間続けられる方法とは言えません。
様々な食材を適量食べるほうが、きっと痩せることができるでしょう。

卵料理だけ食べるも、痩せなかった

単品ダイエットで用いられる食べ物には、様々な種類があります。その中の一つである「卵」を用いたダイエットの失敗談を、ご紹介したいと思います。

その人は「りんご」だけ食べるダイエットよりも、「卵」だけ食べるほうが、栄養を取れそうだと思い込みました。そして「軽い気持ち」で始めてしまったそうです。

それ以来、「ゆで卵」や「目玉焼き」という卵料理だけを食べる、という生活を続けたそうです。
最初の時は、卵料理が美味しかったので、これなら続けられると思ったそうです。
でも、やはり数日すると飽きてしまいました。それでも我慢して一週間ほど、そのような生活を続けたそうです。
しかしその時点で、体重が「ほとんど減っていないこと」に気がつきました。

1週間ほど卵料理だけを食べていたのですが、体重は減りませんでした。そんな状態でも、これから効果が出てくると思いながら、卵ダイエットを続けました。

しかし、そのうち卵を見るのも嫌になり、飽きてしまいました。その結果、卵を食べなくなり、ほぼ断食状態になってしまいました。卵料理だけを食べるという生活に限界が来ました。
結局2週間ほど卵ダイエットを続けたそうですが、限界となり、続けられませんでした。

肌がカサカサになりました

さらに、肌が急激にカサカサになってしまった、というトラブルが起きました。このダイエットをやめても、しばらくの間は化粧水や乳液を付けても、肌のカサカサは治らなかったそうです。

これは、たぶん油分を「ほとんど摂取していなかったから」でしょう。油分も脂肪分も、人間の体には必要な栄養素です。それらを取っていなかったので、肌が悪くなるのも当然と言えます。

卵だけ食べて痩せようとするような単品ダイエットは、必ずと言っていいほど失敗します。
もしも、このようなダイエットをしている人は、すぐにやめてください。痩せるどころか、体を壊すだけです。

ダイエット
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム