早期の治療が望まれる、視力回復や治療が難しい斜視

斜視

近視・遠視とは別に、「斜視」という目の症状があります。「斜視」では物を見る時に、片方の目の視線は目標の物を向いているのに、もう一方の目の視線は別の方向を向いています。

斜視は外見的に気になるだけではなくて、視力障害や両眼視異常に関係していることもあります。視力回復および治療が難しい病気です。

両眼視というのは、右目と左目で見た二つの像を、脳で一つにまとめて見る感覚です。立体感のような三次元の感覚は、両眼視から生じます。

人間の目斜視の場合、左右の目の視線が同じ目標点に向かっていません。片方の目が目標点よりも内側を向いている状態(内斜視)と、外側を向いている状態(外斜視)があります。

また、正常の視線よりも上下いずれかに「ずれている症状」は、上下斜視と呼ばれています。
さらに常に起こる「恒常性斜視」とは別に、時々斜視の症状が起こることがある「間欠性斜視」があります。

治療

斜視の治療は、なるべく早期に行なうべきです。
近年では、調節性内斜視(※)という斜視以外の場合は、手術が治療の中心です。「眼球の向き」を変えるために、眼球の外側についている6つの筋肉を手術によって強めたり弱めたりします。必要によっては、両眼を施術する必要があります。
(※)調節性内斜視は、ピント合わせの努力をするのに伴って発生する斜視です。

赤ちゃんの斜視に注意しましょう

赤ちゃんの視力については、

6ヶ月前後の視力発達が著しい時期に斜視や片目に病気があると、視力の発達を防いでしまいます。

ママは普段から、赤ちゃんの様子をよく観察しておきましょう。
赤ちゃんが8ヶ月前後になると、目の機能が発達して立体視できるようになります。自分と物との距離も、正確にわかるようになります。

ちなみに生後間もない赤ちゃんは、ほぼ遠視です。そのため物を近くで見せても、焦点をうまく合わせることができません。

赤ちゃんの眼球は、少し小さいということを除いて、ほとんど大人と同じです。ほぼ完成しています。ただし、網膜からの信号を脳へ伝えて「映像にするという仕組み」は、まだ出来上がっていません。

偽斜視

なお、幼児期に起こる、見かけは斜視だけど、実際には斜視ではない「偽斜視」があります。これは乳児によく見られますが、成長とともに自然に治ります。

視力回復
この記事をシェアする

【広告】斜視 」の関連商品

• Amazon.co.jp

• 楽天市場

【ポイント10倍】カワモト アイパッチ A-2 ホワイト HP-30 幼児用(3才以上) kn 498760……

【ポイント10倍】カワモト アイパッチ A-2 ホワイト HP-30 幼児用(3才以上) kn 498760……

価格:900 円[税込](2019年5月20日 08:06時点)
送料別

販売店:アンドストア &Store

カワモト アイパッチ A-2 ホワイト HP-30 幼児用(3才以上)/斜視・弱視訓練用眼帯/通気性にすぐれ、刺激の少ないアクリル系粘着剤を使用。斜視や弱視の予防と訓練に。
商品説明 「カワモト アイパッチ A-2 ホワ……

グッズ・メモランダム