「疲れ」を取るために、寝る前にストレッチ体操

「一日の疲れ」を取るストレッチ体操

「今日も一日、頑張った!」
 

寝る前に、ふと「そんな事」を思っている人も多いと思います。
そして「今日も一日、疲れた…」という人も多いと思います。そんな方は

「一日の疲れ」を取るために、ストレッチを行なってみましょう。

気分的にもリラックスできて安眠にも繋がる、と思います。

寝る前にストレッチ

ストレッチする女性

疲れている場合、体に対するケアをせずに、そのままベッドに直行という人が多いかもしれません。
ですが、ほんの少しでもストレッチを行なっておくことで、その日の疲労を軽減させることが可能です。

私事になりますが、仕事でデスクワークをしているので、腰の辺りに「疲れ」を感じます。
ストレッチの中には、腰や骨盤の矯正に役立つ体操があると聞きます。そのようなストレッチを行なうことで、就寝前に「骨盤の歪み」などを治すことができます。

その他で疲れる場所として、膝があります。膝に対するストレッチもあるので、やっておくと良いでしょう。

なお、ストレッチ体操に関しては、様々な運動があります。なので、ご自身の体にピッタリな体操を見つけましょう。

ストレッチのメリット

柔軟性の向上

体の柔軟性を高めるには、日頃からストレッチ体操などを行なって筋肉や腱を伸ばすことが大切です。
例えば腰のストレッチをすると、「腰周り」の筋肉をほぐせます。姿勢の改善や筋肉疲労の軽減という効果を期待できます。

体の柔軟性が高いと、以下のようなメリットがあります。

  • 基礎代謝がアップする。ダイエットに役立つ。
  • 筋肉にハリが出てきて、老化の予防になる。
  • 疲労物質が体内に蓄積しにくくなる
  • 「肩こり」や「腰痛」という症状を軽減させる。

「体の疲れ」を取りたい人にとっては、特に3番目の「疲労物質が…」という点が魅力的でしょう。

実際のところ、背中越しに両手がくっつかない。そんな人も多いと思います。背中越しに両手がくっつかない人は、肩の柔軟性が悪くなっています。
いま体が硬くても無理をせずに、少しずつストレッチ体操をしてみましょう。徐々に柔軟性がある体になってゆくと思います。

「体の歪み」を改善

ストレッチ体操とは、本来「体の歪み」を改善するための体操と言えます。人は日常生活において、無意識に使いやすい体の動かし方を行なっています。体の使い方に「偏り」があります。

そんな「体の偏り」を何年にもわたって放置しておくと、慢性的な「体の歪み」になってしまいます。
ですが適切にストレッチを行なうことで、「O脚」や「肩こり」が改善したという話も聞きます。このような体の不調を改善することは、広い意味で健康の回復に繋がるでしょう。

気分良くストレッチしましょう

背伸びしてリラックスする女性

ストレッチの「やり方」は色々とありますが、共通して言える事は無理しない事です。力を込めて反動をつけて、無理やり伸ばしてはいけません。
息をゆっくりと吐きながら、穏やかに「気持ちがいいなぁ」と思う位置まで、体の部位を伸ばしたり曲げたりする程度で良いです。

もしも面倒な場合、全身に対するストレッチをしなくても良いです。「疲れ」を感じている部位を中心に、ストレッチ運動をしてみましょう。背伸び、体側を伸ばす、屈伸やアキレス腱伸ばし、股関節を広げるなど、必要なストレッチのみ行なってみましょう。

まずは「筋肉の伸び」を感じながら気持ち良く行なうといいです。筋肉や関節の柔軟性を引き出すことを意識しましょう。そんな風にストレッチを行なえば、「一日の疲れ」が取れるでしょう。

器具を使って、簡単にストレッチ

ストレッチのような簡単な体操なら、寝る前の「わずかな時間」でも行なえると思います。だけど実際には、ストレッチせずに布団に入って寝てしまうことも多いようです。
特に普段、体操や運動をする習慣がない人にとって、簡単なストレッチ体操でも面倒と思ってしまいます。

もしも、一緒に体操するような人がいれば、やる気が出るかもしれません。だけど就寝前では、一人で体操することが多いでしょう。
そんな場合、ストレッチ体操をサポートしてくれる健康器具があると助かります。簡単に体操できるからです。自分にピッタリなストレッチの器具を、使ってみましょう。



タイトルとURLをコピーしました