体が柔らかくなり基礎代謝がアップする、ストレッチ体操

痩せるための軽い運動

ストレッチする女性痩せるためには、食事に気をつけることが大切と言われています。さらに運動することも必要です。
例えば一週間に5回、20分から30分くらい、軽いエクササイズやストレッチを実行すると良いでしょう。

特別な運動をする必要はありません。エレベーターに乗る代わりに階段を使ったり、通勤電車の中で立っていたりするだけでも、運動になります。通勤時に運動するなら、週に5日の運動を続けられると思います。
普段階段を利用する事があまりないなら、踏み台昇降の運動があります。結構いい運動になると、言われています。

ダイエットを成功させるために、日常生活の中で自然と運動を行なえるように、ちょっと工夫してみましょう。

ダイエットに役立つストレッチ

痩せる効果を期待できるエクササイズには、例えば「ストレッチ」や「ヨガ」があります。この2種類は、各メディアでよく特集が組まれています。なので、取り組みやすいエクササイズだと思います。そして、自宅で始めやすい運動である点も魅力的です。

自宅で行なうエクササイズには、以前ブームになったビリーズ・ブートキャンプみたいなハードな運動もあります。だけどストレッチのようなソフトな運動のほうが取り組みやすいでしょう。そして続けやすいと思います。

運動によるダイエットは、健康的と言えます。健康維持にも役立つと思います。なので、ぜひ運動を始めてみましょう。あと、運動する事は、ストレス解消にも良いです。スッキリした気分になれるからです。

例えば運動の前後に行なうストレッチには筋肉の緊張をほぐして、疲労物質を取り除いてくれる効果があります。疲労が取れてリラックスすることで、ストレスによる暴飲暴食を抑える効果も期待できます。この事は、ダイエットにも良いです。

怪我の予防や柔軟性の向上、そして血行の促進、運動による疲労の回復など、ストレッチという運動は、健康やダイエットに「とても役立つ体操」です。

そしてストレッチは筋肉をほぐしてくれるだけでなくて、ダイエットを充分にサポートします。例えば、

ストレッチには全身の代謝を上げて、エネルギー消費量を上げてくれる効果があります。

体の柔軟性が高いメリット

ストレッチする女性体が柔らかいとダイエットに有利という意見があります。体の柔軟性が高いと、以下のようなメリットがあります。

  • 基礎代謝がアップする。ダイエットに役立つ。
  • 筋肉にハリが出てきて、老化の予防になる。
  • 疲労物質が体内に蓄積しにくくなる。
  • 「肩こり」や「腰痛」という症状を軽減させる。

ダイエット中の人にとっては、特に一番目の「基礎代謝のアップ」が魅力的でしょう。

柔軟性を高めてくれるストレッチ

ところで体の柔軟性を高めるには、日頃からストレッチ体操などを行なって筋肉や腱を伸ばすことが大切です。
例えば「お腹痩せ」に繋がる、股関節のストレッチなどをやってみましょう。股関節のストレッチは、老廃物の排出と便秘の解消に効果があるとされています。
腰のストレッチをすると、腰周りの筋肉をほぐせます。姿勢の改善や筋肉疲労の軽減という効果を期待できます。

背中越しに両手がくっつかない。そんな人も多いと思います。ちなみに、背中越しに両手がくっつかない人は、肩の柔軟性が悪くなっています。
いま体が硬くても無理をせずに、少しずつストレッチ体操をしてみましょう。徐々に柔軟性がある体になってゆくと思います。

定期的に行なえる運動の一つ・ストレッチ

ダイエットに適した体にする。これは、ダイエットを成功させる秘訣の一つと言えます。
例えば体の新陳代謝をより活発にして、体の中にある老廃物を排出しやすくする。このような体になったら、ダイエットの効率も良くなるでしょう。

そんな体を作るための方法として、定期的に運動を行なうと良いとされています。

「だけど、運動は苦手だ……」

 

そんな方は、ストレッチをしてみましょう。
例えばストレッチ運動には、椅子に座ったままできる動作から布団の上でできる動作まであります。他には、血行が良い状態の「お風呂上がりに行なうストレッチ運動」があります。どれも、とても簡単な運動です。

お風呂上がりのストレッチ

その「やり方」は、

  1. まず仰向けになって、真上に足を上げます。
  2. そして、まるで自転車を「こぐ」ように「ぐるぐる」と足を回します。

以上の動作を、1日に1,2回ほど行ないます。

ちょっとした運動ですが、毎日ずっと続ける事で体が変わってくる事でしょう。日常の生活にわずかでも運動を取り入れる事は、長い目で見てダイエットに繋がると思います。

お腹と足を引き締めるストレッチ

次に、お腹と足を引き締めるストレッチ体操を、ご紹介したいと思います。

  1. まず背筋を伸ばして、「つま先立ち」をします。
  2. 「つま先立ち」のまま、少しだけ「かかと」を上げた状態の姿勢を保ちます。
  3. 左右の「かかと」を交互に上げます。

以上のような簡単な運動ですが、「お腹と足の引き締め」になるそうです。

「お尻と太もも」を引き締めるストレッチ

最後に「お尻・太もも」を引き締めるストレッチを、ご紹介します。

  1. 頭の後ろで手を組んで、背筋を伸ばして足の屈伸をします。
  2. 次に足を前後に開いて、後ろに伸ばした足の裏側の筋肉を体重を利用して伸ばします。
  3. 四つん這いになって、足を後ろへ高く上げます。
  4. スキップをします。

以上の4つの動作を、それぞれ2分間ずつ行ないます。
このような「ちょっとした体操」をするだけでも、ダイエットの効果を期待できます。ぜひ、やってみてください。

他の運動と一緒にストレッチ

健康的に痩せたいと思ったら、やはり運動する事が大切でしょう。その運動と一緒に、ストレッチも行ないましょう。ストレッチには、運動による怪我や事故を防ぐという効果があります。いつも運動している方も運動不足の方も、軽くストレッチしておきましょう。

例えばバランスボールのような運動グッズを使って、ストレッチ運動するのも良いです。このボールに座って体を左右に「ゆっくりと傾ける」だけで、ストレッチ運動になります。普段あまり使わない筋肉を鍛えられるので、体にとって良いでしょう。

準備運動のストレッチ

運動前にストレッチをすると、全身の代謝を高めてくれる効果があります。エネルギーの消費を助けてくれます。例えばウォーキングする前にストレッチして代謝を高めておけば、よりエネルギーを消費できます。

ウォーキングの合間にもストレッチを取り入れると、さらに効果的です。筋肉の緊張を「ほぐすこと」により、体に溜まった疲労物質を取り除いてくれる効果も期待できます。

痩せるために運動を始める。とても良い決心だと思います。ただし今まで運動していなかった人が突然運動をすると、筋肉を傷めたり怪我をしてしまったりする可能性があります。
準備運動として、以下のような「やり方」でストレッチを行ないましょう。

気持ち良く筋肉の伸びを感じながら、しっかりと行ないましょう。

  1. 首を自然に真っ直ぐ立てて、左にゆっくりと倒します。
  2. 軽い刺激がある程度まで首を倒したら、10秒数えながらゆっくり呼吸します。
  3. 倒した首をゆっくりと立てて、今度は右にゆっくりと倒します。
  4. 先程と同じように10秒数えながら、ゆっくり呼吸します。

これを1回から3回くらい繰り返します。
これだけのストレッチでも、充分に効果を期待できます。

  1. 足を肩幅に広げます。姿勢良く真っ直ぐ立ちます。
  2. 肘を90度に曲げます。そして胸の前に持ってきます。
  3. 肩から腕にかけて、ゆっくりと10回くらい後ろ向きに回します。その際、肩甲骨を意識しながら回します。
  4. 終わったら、今度は逆に(前向きに)10回ほど回します。

背中

まずは肩の1番、2番と同じように姿勢良く立ち、肘を胸の前に持ってきます。

  1. 腕を後ろ側に引いて行きます。その際、両方の肩甲骨が「くっつく事」を意識しながら引きます。
  2. 今度は逆に、後ろから前に腕を持ってゆきます。そして肘をくっつけます。

以上の後ろ側・前側の動作を1セットとして、10セットくらい行ないます。

  1. 足を肩幅に広げます。姿勢良く真っ直ぐ立ちます。
  2. 両手を腰に置きます。顎を引いて肩の力を抜きます。
  3. 骨盤を左回りに、大きく10回ほど回します。
  4. 終わったら同様に、骨盤を右回りに10回ほど回します。

気分良くストレッチしましょう

背伸びしてリラックスする女性ストレッチの「やり方」は色々とありますが、共通して言える事は無理しない事です。力を込めて反動をつけて、無理やり伸ばしてはいけません。
息をゆっくりと吐きながら、穏やかに「気持ちがいいなぁ」と思う位置まで、体の部位を伸ばしたり曲げたりする程度で良いです。

もしも面倒な場合、全身に対するストレッチをしなくても良いです。「疲れ」を感じている部位を中心に、ストレッチ運動をしてみましょう。背伸び、体側を伸ばす、屈伸やアキレス腱伸ばし、股関節を広げるなど、必要なストレッチのみ行なってみましょう。

まずは「筋肉の伸び」を感じながら気持ち良く行なうといいです。筋肉や関節の柔軟性を引き出すことを意識しましょう。痩せるためだけでなくて「一日の疲れ」を取るために、ストレッチしても良いからです。