眼の中の構造は「そのまま」レーシック手術を理解しておきましょう

視力が悪いと、やはり日常生活で不便です。メガネやコンタクトレンズで矯正すれば良いという意見もありますが、維持費や手間が掛かったりします。
特に運動する場合では、メガネは不便です。なのでコンタクトレンズの使用を検討しますが、どうしてもコンタクトレンズが体質に合わないという方も、多くいると思います。

そんな方は、レーシックを検討しましょう。
「レーシックって何?」という方も多いかもしれません。
これは一言で言えば、「視力を回復させるための手術」です。

レーシックの手術について簡単に言うと、レーザーで角膜を削り、屈折率を変えることでピントを合わせます。
角膜を削る?と聞いたら、ちょっと不安かもしれません。しかしその手術は、両眼でわずか30分程度で終わります。入院の必要はありません。

もちろん、それまでに事前の詳しい説明があったり、細かい検査があったり、術後の検査もあります。手術前の説明をきちんと受けて、自分なりに十分納得した上で、手術を受けることが大事です。

なお、昔の日本人にしてみれば「視力回復のためだけに手術するの?」と戸惑ってしまいます。視力が悪いことは、病気であるとは思えないからです。ですがアメリカで開発されたレーシックは、アメリカ人にとっては、もはや当たり前の事のようです。
日本では、2000年にレーシック手術が認可されました。徐々に手術の希望者は増えてきているそうです。

眼の中の組織構造は、そのまま

レーシック手術を検討する際、その根本的な解釈について、誤解をなくす事が重要だと思います。

レーシックの手術を受けたことにより、視力が回復した人はたくさんいます。
ですがレーシックの手術では、角膜の屈折異常を矯正することにより視力回復を望めますが、眼の中の組織構造そのものを変えるものではありません。

根本的な意味で視力を回復する方法ではない、ということを、理解する必要があります。

瞳つまりレーシックにより視力が回復したとしても、眼の内部の状態は依然として「近視や乱視・遠視のまま」となっています。
眼球自体の構造は変わっていません

そのため、施術前に度の強い近視であった場合には、近視の人がかかりやすいとされる緑内障のような眼の病気に、かかりやすいままと言えます。レーシックの術後も、眼に関する病気を患う確率は、通常の視力を持つ眼球構造の人よりも高いままということです。

もちろんこれらの眼の病気は、レーシック手術を受けることによって起こる病気ではありません。レーシックは、眼球の状態まで健全になるという手術ではない事を、知っておきましょう。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム