栄養を補う健康食品・サプリメント

健康食品サプリメント

栄養のある食材を食べる事、これは私たちの体が正常に機能するために必要です。しかし現代では、それは「なかなか難しい事」になってきました。

そういうことより、栄養補助食品であるサプリメントが必要とされるようになりました。近年では加工食品が増えたこともあって、食材から充分な栄養を取りづらくなってきています。なので、サプリメントが注目されています。

サプリメントとは、ダイエタリー・サプリメントの訳語とされています。ダイエタリー・サプリメントとは、アメリカの食品区分の一つです。

サプリメントは、食事だけでは取ることができなかった、体に必要な栄養分を補うための物です。不足しがちな「ビタミン」「ミネラル」「アミノ酸」という栄養を、補う物です。

サプリメントは栄養補助食品や健康補助食品とも、呼ばれています。その略称は、サプリとして知られています。
補助ということより、食事を取っている必要があります。食事の代わりとしてサプリメントを飲んでも、不健康になるだけです。食事をしっかり食べて、それで足りない分を補う物がサプリメントです。

サプリメントを飲む目的

サプリメントは多くのメーカーから販売されていて、とても身近な物になっています。手に入れやすくて、多くの人たちが日常生活でサプリメントを取り入れています。サプリメントを毎日飲んでいるという人は多い、と思います。

そんなサプリメントを飲む目的としては、やはり健康や美容のために飲む人が多いと思います。
ダイエットしたい方や、中性脂肪やコレステロールなどの値を正常値にしたい方が、通院して薬を飲む前に、まずはサプリメントを試そうと考えているのかもしれません。

実際にサプリメントを服用すると、「何かに効くはずだ」と、凄く期待をしてしまうかもしれません。ですが、薬ではありません。なので過剰な期待をしないほうが良いでしょう。
でも、不足している栄養素を補うことになるので、その結果、体調が良くなったり、肌が綺麗になったりすることはあるでしょう。

なおサプリメントの使用については、自分の判断で購入して摂取することになります。なのでサプリメントに関して、正しい知識を持つことが大切になります。
サプリメントについて、使用法を誤ったり過剰摂取した場合には、体に悪い影響を与える可能性があります。

医薬品ではないサプリメント

健康食品のサプリメントは、当然医薬品ではありません。サプリメントは食品です。なので、症状はあるけれど検査では異常がないという未病において、使うことになります。薬の代わりとしては、使えない物です。

サプリは薬ではないため、すぐに効果を得られません。
例えば過去の話になりますが、一部のダイエットサプリメントでは、過大広告で販売されている物がありました。広告文で「これを飲めば、1週間で絶対に5キロ痩せられる!」などと言っている物がありました。これは、疑わしい商品と判断したほうが良いです。

一般的にダイエットサプリには、それほど痩せる効果はありません。過剰な広告を魅力的に感じてしまう事がありますが、気をつける必要があります。

もしも症状に対して治療の効果を期待するなら、サプリメントではなくて医薬品を使用してください。
症状がひどい場合は、医者に診てもらって薬を飲むほうが治るでしょう。
症状が軽い場合は、食生活を改善したりサプリメントを飲んだりすれば、治せる可能性があります。状況に応じて、薬とサプリメントを使い分けると良いです。

副作用

サプリメントは栄養補助食品です。普段の食生活において、必要量を取れない栄養素を補助するための食品です。しかし食品だからといって、「体に負担はないはず」「絶対に安心である」。このように過信してしまうことは、いけません。

症状の改善を急ぐために過剰にサプリメントを摂取することや、他の薬との飲み合わせによっては、体に異変が起こったり、薬の効果を邪魔したりする可能性があります。
摂取の仕方が間違っていると、副作用が出てしまう可能性があります。そのことを理解して、自分の体に合うサプリメントを適量取ることが大切です。

サプリメントの添加物

ちなみにサプリメントの素材は、液体や粉末にした栄養素です。カプセルの中に、その栄養素を詰めています。このようなカプセルにするために、添加物を使用しているそうです。添加物と聞くと、体に悪い物かもしれない?と拒否反応を示す人もいる、と聞きます。しかしほとんどのサプリメントには、添加物が使用されています。

実際のところ、天然成分だけでサプリメントを作る場合、コスト面や技術面の問題が出てきます。サプリの製造が難しくなってしまいます。そういう事情より、サプリメントを利用する際は、添加物を取る事も受け入れる必要があります。

添加物については、それほど心配する必要はないと思います。だけど気になる人は、購入する際に成分表を確認しておきましょう。そのサプリに含まれている成分や含有量がわかる、と思います。

日本でのサプリメント販売

1990年頃から、サプリメントはテレビなどで広く紹介されるようになりました。その頃から、人々の健康意識も高まり始めました。
また、国政の予防医学においても(医療費の抑制においても)、サプリメントは期待されたようです。そういう背景により、現在ではサプリメントは大きな市場となりました。

日本では1996年に、サプリメントの販売ができるようになりました。「市場開放問題 苦情処理体制」によって販売が可能となったからです。
日本でのサプリメントは、法的には食品の区分に入ります。よって薬ではありません。ただし一般的には、健康食品と言われています。健康という言葉が付いているためか、マルチ商法などで病人に対して特効薬のようにサプリが売られたことがありました。そのためサプリメントに対して、悪いイメージを持っている人もいます。

サプリメントの種類には、生薬・酵素・ダイエット食品など、数多くの物があります。
サプリメントの形状には、錠剤や粉末、液体など色々あります。
サプリを購入できる場所は、薬局やドラッグストア、スーパーやコンビニ、通信販売など、多数あります。



タイトルとURLをコピーしました