アトピー性皮膚炎の意外な原因・洗濯洗剤

アトピーの原因の一つ・洗濯洗剤

近年、大人や子供において、アトピー性皮膚炎になる人が増えているそうです。原因としては、遺伝的体質が考えられます。ですが、環境や食生活の変化による原因のほうが影響が大きい、と言われています。

例えば原因の一つに、洗濯洗剤が原因になっている場合があるそうです。これは人によっては、あまり注意されていないようです。
合成界面活性剤、蛍光増白剤、ゼオライトや酵素などの助剤は、肌の弱い人にとっては肌トラブルの原因となってしまう場合があります。

合成洗剤

合成洗剤は綺麗にすすいでいても、衣類の表面に成分が残ってしまうようです。その成分が肌に対して刺激になってしまい、アトピー性皮膚炎の悪化の原因となります。

石油系・合成界面活性剤

あと、アトピーの赤ちゃんに対して、石油系・合成界面活性剤を使用している洗剤は問題あり、と言えます。衣服に残留して、肌を痛める原因となるからです。

しかしアトピーのない赤ちゃんについては、石油系の洗剤で衣服を洗っても特に問題が起きないようです。だけど心配な場合は、赤ちゃん用の洗濯洗剤などを使うと良いです(ただし念のために、商品説明をよく確認しておきましょう)。

蛍光増白剤

蛍光増白剤という物は、衣類を白く仕上げるための物です。しかし「汚れを落とす物」ではなくて、衣類を「白く染める役割の物」です。

これは発ガン性がある、と言われています。特に、赤ちゃんの服に対しては使うことを避けたいです。

助剤

ゼオライトという助剤は、水道水に含まれているミネラルを吸着させて、洗浄力を安定させる役割があります。しかし、すすいだ後に残ってしまうと、肌に刺激を与えてしまいます。

助剤の一つである酵素は、食べ物にも含まれている物です。肌の弱い人用の洗剤の中には、酵素入りの物がありますが、溶け残った成分が「体内の酵素バランスを崩す」と言われています。この点については、気をつけたほうが良いでしょう。

無添加の洗濯洗剤を使いましょう

洗濯洗剤

アトピー改善のためには、合成洗剤を使わないことが大切と言えます。「軽い汚れ」の物なら、重曹や炭酸塩などのアルカリ性助剤だけで洗濯してみましょう。

近年、合成洗剤による「肌荒れ」や「アトピー性皮膚炎」が増加していると聞きます。
そのような健康問題の解決を目指して、無添加の洗剤を作るメーカーが増えてきているそうです。肌トラブルに不安を感じるなら、無添加の洗剤を使ってみましょう。