きっと喜んでもらえる、ホワイトデー限定の「お菓子」

ホワイトデーの始まり

3月14日のホワイトデーは、

キャンディを贈り物とする日

と言われています。元々は、マシュマロを贈り物とするマシュマロデーとして始まった日のことでした。

ホワイトデーが公式に誕生したのは、1978年だそうです。キャンディの販売促進を目的に、バレンタインデーの「お返し」にキャンディを贈ろう、と呼び掛ける日となりました。

キャンディのための日なのに、ホワイトデーとなっています。なぜキャンディデーとならなかったのでしょうか。

それは「ホワイト」には「シュガー」や「スイート」という意味もあるから

だそうです。
キャンディの主原料は、砂糖です。よって「ホワイト = キャンディ」となったようです。

海外にも少しずつ広まっています

ホワイトデーは、当初日本で「キャンディの日」や「マシュマロの日」として始まったもので、バレンタインデーの1ヵ月後に、その「お返し」を行なう日となっています。

このホワイトデーは日本だけの習慣だったのですが、近年では台湾などにも広まっているそうです(ただし欧米では、ホワイトデーはないようです)。
海外のホワイトデーも、男性の方がキャンディやマシュマロなどを女性にプレゼントするそうです。特に本命の女性には、たくさんのキャンディやマシュマロをバスケットに詰めてプレゼントするらしいです。
なお、義理チョコの様な「お菓子」を贈る事もあるようですが、それは「ほんの一部の人だけ」だそうです。

このような風習は、年々変わってゆく事でしょう。海外旅行などで現地に行った際、最新のホワイトデー事情をチェックしてみると、楽しいかもしれません。

お返しとして、人気の「お菓子」

何かプレゼントをもらった際、「お返し」はどうしたらいいのか?迷う方もいることでしょう。無難な「お返し」としては、やはり「お菓子」だと思います。

お菓子なら、大抵の人に満足してもらえます。

好みじゃない「お菓子」だったとしても、あれこれ文句言いながら結局は食べてもらえるでしょう。食べ物は、なんだかんだ言っても人にとって必須の物だからです。

例えば職場の人たちなど大勢の方に「お返し」をする際にも、お菓子は最適です。小分けタイプの「お菓子」なら、1人1袋ずつ手に取って食べられます。みんな満足してくれることでしょう。

お菓子の他に「お返し」として無難な物と言ったら、例えばコーヒーのドリップパックやスティックタイプも良いでしょう。一般的にコーヒーは、多くの方に飲んでもらえる飲み物だからです。

ここまで「お菓子」と「コーヒー」の話題が出たので、予算が許すならあえて二つとも「お返しの品」として贈ってもいいかもしれません。お菓子を食べながらコーヒーを美味しく飲める、これなら「お返しをもらった人」も嬉しいことでしょう。

ホワイトデー限定

キャンディ

ホワイトデーの時期だけ販売される、という「お菓子」があるそうです。店舗だけでなくネット通販でも、買える物があるようです。

例えば「あるフランス菓子の店」では、ホワイトデー限定のパウンドケーキや焼き菓子があるそうです。
同様に、マシュマロ・クッキー・キャンディ・パイ・ホワイトチョコなどがあるそうです。

鎌倉・代官山・銀座、そして青山にある有名な店舗などで、このようなホワイトデー限定の「お菓子」が販売されているということです。
もしもスイーツが好きならホワイトデーの際に、限定品の「お菓子」を調べてみましょう。とっても美味しい「お菓子」が見つかるかもしれません。

お菓子
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム