水晶体が濁ってしまい視力が低下する症状・白内障

白内障の女性

もやっとして、良く見えない…

ところで白内障という病名をよく耳にしますが、実際にどういった疾患なのでしょうか。

人の眼の中には、水晶体というカメラで言えばレンズの役割をしている物があります。
眼から入った光が水晶体を通って、網膜でピントが合うようになっています。

この水晶体は、通常は透明です。しかし様々な原因により濁ってしまうと、光がうまく通過しなくなり、光がまぶしくなったり物がかすんだり、ダブって見えたりします。この状態を白内障と言います。

原因

白内障の原因は、様々な事が挙げられます。

  • 加齢によって水晶体が黄色くなってきて、濁りを併発したため、
  • 糖尿病やアトピー、緑内障といった他の疾患が原因となったため、
  • 服用した薬の副作用のため、

このような原因が挙げられます。
また、遺伝が原因だったという場合もあるということです。

手術

白内障を発症すると、薬剤治療では「水晶体の濁り」を止めることはできません。
もしも日々の生活に問題があるほどの視力の低下が起こった場合には、手術によって眼内レンズと水晶体を取り替えます。そうすることで、視力の回復を図ります。