Java 入門

コンピューター

Appletの「let」・Javaソースコードの書き方

近年では、Applet を作ることはなくなったかもしれません。ですが Applet について、感想を書きたいと思います。 Applet の let は、接尾語で「小…」の意味だと思います。例えば、小京都の「小」みたいな意味だと思います。...
コンピューター

配列クラスで「2種類の型の要素」を管理・Javaソースコードの書き方

配列管理クラスの要素の型では、配列管理クラスを使用する場合、要素の型は「ただ1種類だけ」管理すると良いでしょう、と言いました。 それでは、配列管理クラスで「2種類の型の要素」を管理したい場合、どうすると良いでしょう。一つの「やり方...
コンピューター

配列管理クラスの要素の型・Javaソースコードの書き方

配列管理クラスの要素の型 配列管理クラスの要素の型(クラス)についてです。ここでいう配列管理クラスとは、java.util.ArrayList クラスなどのことです。 配列管理クラスでは、任意の型の要素を管理できることが多いです。しかし...
コンピューター

単語を使って変数名を付ける事・Javaソースコードの書き方

変数名の付け方 一般的な単語の意味は、既存の辞書などで調べやすいです。 なので一般的な単語を使って変数名を付けると、その単語の意味から、「変数の働き」を理解するのに役立つでしょう。 名前の付け方の例 以下に、単語を使って変数名を付け...
コンピューター

変数の寿命・Javaソースコードの書き方

変数の寿命をコントロール 中カッコ { } を使用して、変数の寿命――有効範囲――をコントロールできます。 適切に有効範囲をコントロールすることによって、変数が間違った場所で使用されることを防げます。 プログラムの例 メ...
コンピューター

条件分岐の仕方・Javaソースコードの書き方

if文が「真」になる回数 例えば 「単純な考え方」で条件分岐の処理をして、 if文が「真」になる回数が3回の場合と、 「巧みな考え方」で条件分岐の処理をして、 if文が「真」になる回数が2回の場合について、 「単純な...
コンピューター

肯定文の条件分岐・Javaソースコードの書き方

肯定文で条件を書く事 if文の条件指定において、肯定文で条件を書くほうが「わかりやすい」と思います。 その場合、肯定的な条件を優先する書き方があると思います。 if文の例 以下にif文において、「肯定的な条件を優先する書き方」につい...
コンピューター

条件分岐の距離・Javaソースコードの書き方

if文とelse文の距離 条件分岐の距離の例として、if文とelse文の距離についてお話したいと思います。 if文とelse文の距離が近いほど、if文の分岐処理を一覧できます。よって、「処理の流れ」がわかりやすいと思います。...
コンピューター

「その他の場合」の条件分岐・Javaソースコードの書き方

「その他の場合」のif文 if文で処理を分ける場合、「その他の場合」においてログ情報を出力しておくと、デバッグ時に役立ちます。 プログラム処理上(プログラム仕様上)実行されない「その他の場合」は、当然実行されないので、プログラム処理を書...
コンピューター

条件分岐・Javaソースコードの書き方

if文に指定する条件 if文に指定する条件は、通常、ユーザの操作によって生み出された情報です。ユーザの操作によって生み出された情報には、次のような事があると思います。 ユーザのマウス操作によって、生み出された情報。 例: マウ...