視力回復

健康

もう少しはっきり見たいなら、乱視用コンタクトレンズ

乱視を矯正する際は、メガネまたはハードコンタクトで矯正することになります。 そして実は、ソフトコンタクトレンズでも矯正できるそうです。市販品にも、乱視用の使い捨てソフトコンタクトレンズがあったりします。 乱視をそのままにしておくと、眼精疲労などの原因になったりします。なので、乱視を矯正するほうが良いでしょう。
健康

「汚れ」から目の健康を守りやすい、使い捨てコンタクトレンズ

使い捨てコンタクトレンズのメリットとしては、まずは「汚れに強い」という点があります。 「汚れ」がレンズに溜まる前に取り替えることになるので、「汚れ」から目の健康を守りやすいと言えます。 なお目の健康を守るためには、交換時期を守る必要があります。
健康

疲れ目の改善を期待できるビタミンB

目の健康に欠かせない栄養素としてビタミンがあります。その中でも疲れ目対策には、ビタミンB群が大事です。 ビタミンB1とビタミンB2は、「視神経の働き」を高めたり、「視力の低下を防ぐ働き」を期待できます。
健康

どのくらいある?赤ちゃんの視力

生まれてすぐの赤ちゃんの視力は、0.1以下と言われています。視力は弱いです。 新生児期の赤ちゃんは、まだぼんやりとしか見えていません。生後3ヶ月を過ぎると、だんだん焦点が合ってきます。
健康

目を「いたわりたい」なら、疲れ目対策グッズ

「目の疲れ」という症状については、軽い場合なら目を休ませることで回復するでしょう。 疲れ目対策の一つに、タオルパックという方法があります。この方法には、「目を温める方法」と「目を冷やす方法」の二つがあります。 他にはアイマスク型のマッサージ器で、「目の周り」をマッサージする方法もあります。
健康

アントシアニンで「目の疲れ」を予防しましょう

目が酸化することで、眼精疲労が起きたりします。アントシアニンは、抗酸化作用を持っています。よって目の健康維持に役立つ作用がある、と言われています。目を酷使して、目が疲れている人は、アントシアニンを摂取すると良いでしょう。
健康

目の紫外線対策ができる「ワイドレンズのサングラス」

紫外線対策と言ったら、肌を守る対策というイメージがあります。ですが実は、目の紫外線対策も大切です。なぜなら、紫外線は疲れ目の原因の一つだからです。 紫外線から目を守るためには、紫外線対策用のワイドレンズのサングラスを使うと良いです。顔とレンズの隙間から入り込んでくる紫外線を、きちんと防いでくれるからです。
健康

水晶体が濁って視力が低下する症状・白内障

白内障とは、透明な水晶体が濁ってしまい、視力が低下する症状です。光がまぶしくなったり物がかすんだり、ダブって見えたりします。 日常生活で問題になるほど視力が低下した場合、手術によって視力の回復を図ることになります。
2020.11.28
健康

「目の健康体操」と言える視力回復トレーニング

視力回復トレーニングは、視力回復の代表的な方法です。 その目的は、水晶体の調節を行なう筋肉である毛様体筋の無理な緊張を取り除き、遠近調節機能を活発にさせることです。 そして視力回復トレーニングは「目の健康体操」としても期待できます。「目の健康維持」にも役立つ訓練と言えます。
健康

視力が回復した後もトレーニングを続けましょう

実際に視力が回復したら、もう視力回復のトレーニングを続けたくないと思うかもしれません。 しかしトレーニングをやめたら、再び視力が悪化してしまう可能性があります。なので視力が回復しても、視力回復トレーニングを行なうようにしてください。
タイトルとURLをコピーしました