ピリッと辛くて美味しい坦々鍋

坦々鍋は、「ピリッとした辛さ」が特徴の鍋です。一度食べたら、「やみつきになる美味しさ」です。

坦々鍋のレシピ

坦々鍋のレシピを、ご紹介したいと思います。

材料(4人分)

肉団子

  • 挽き肉(豚) …… 200g。
  • ねぎ(小口切り) …… 適量。
  • 片栗粉 …… 大1。
  • 生姜(みじん切り) …… 1かけ。
  • いりゴマ …… 大3。
  • 醤油 …… 大1。
  • みりん …… 大1。
  • ごま油 …… 大1。

スープ

  • 鶏がらスープ …… 大3。
  • 水 …… 800cc。
  • 醤油 …… 大2。
  • みりん …… 大1。
  • 練りゴマ …… 適量。
  • 豆板醤 …… 大1。

具材

  • 豆腐 …… 1/2丁。
  • 白菜 …… 7枚から8枚。
  • 長ねぎ …… 1本。
  • 椎茸 …… 4枚から5枚。
  • えのき …… 1パック。
  • 餅 …… 4個。
  • 春雨 …… 60g。

下ごしらえ

  1. 白菜を、3cm位に切ります。
  2. 「長ねぎ」を、斜めに切ります。
  3. 椎茸については軸を取り、十字に切れ目を入れます。
  4. 「えのき」については軸を取り、小房に分けます。
  5. 春雨を、熱湯で3分ほど茹でます。そして、流水でサッと水洗いします。

作り方

肉団子の作り方

  1. 挽き肉、ねぎ、片栗粉、生姜、いりゴマ、醤油、みりん、ごま油を入れて、混ぜ合わせます。

スープの作り方

  1. 水を鍋に入れて、沸騰させます。
  2. 沸騰した後、鶏がらスープの素を入れます。
  3. 「醤油」「みりん」で味付けします。
  4. 練りゴマと豆板醤を入れて、混ぜ合わせます。

仕上げ

  1. 上記で作ったスープの中に、肉団子や野菜、豆腐、餅を加えて火にかけます。
  2. 具材が煮えたら春雨を加えて、出来上がりです。

作り方のポイント

鶏がらスープの素を使用する時は、味を確かめながら入れるようにしてください。メーカーによって、塩分の量が違うからです。
もしもスープが足りなくなったら、お湯、スープの素、醤油、豆板醤などで増やしましょう。その際、味見しながらスープの量を増やしましょう。

「辛さ」を味わって食べましょう

坦々鍋辛い料理と言えば、日本でも「お馴染みの坦々麺」があります。
ところで本場の坦々麺と言えば、四川省の成都の物があります。さすが本場は違います。激辛です。だけど、サンショウが利いた四川の激辛は、癖になりそうです。もしも食べる機会があったら、ぜひ挑戦してください。

あと一般的に、激辛料理を大量に食べるのは体に悪そうです。胃や腸に刺激を与えるからです。激辛料理を食べ慣れていない人は、適量をゆっくりと味わいながら食べるようにしてください。

食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム