形ある物で「お祝い」を伝えられる電報

不愉快に思われる?デジタルな「お祝い」

スマートフォンやパソコンが普及したため、「お礼」や「お祝い」を伝える時、メッセージアプリや電子メールで済ませるという人は多いようです。

もちろんそれでも良いのですが、「お礼」や「お祝い」のメッセージをアプリや電子メールで送る際、相手が喜んでくれるかどうか、今一度考える必要があります。
今の時代はメッセージアプリや電子メールが普及しているから、特に問題ない。確かにそうなのですが、実際のところ、喜んでくれるか不愉快に思うか、それは相手次第となります。

「お祝い」のメッセージをアプリや電子メール経由で受け取った際、不愉快に思われてしまう理由の一つに、手抜きされた軽く見られたという「不安な気持ち」があるようです。
ネット経由のメッセージは便利であり、手軽であるが故、手抜きされたと思われてしまうようです。感情的な理由なので、理屈通りにはいかないです。

ですが今後、人と人とのメッセージの「やり取り」は、ますますデジタル化されていくと思います。デジタル化された文章に、いかに「自分の感謝の気持ち」を込めるか、ちょっとした工夫が求められるのかもしれません。

形ある「お祝い」と言える電報

相手の心に残る、そして形ある物で「感謝の気持ち」を伝えたい。そんな時、電報を利用してみましょう。

あなたは「電報」と聞いたら、どんな時に贈るものだと思いますか?
たぶん「結婚式の祝電」や「お悔みの気持ちを伝える弔電」を、思い浮かべるでしょう。実は私も、電報の使い道は祝電や弔電くらいだと思っていました。

ですが今一度電報について調べたところ、「勘違い」をしていた事に気づきました。例えば、大切な人の誕生日をお祝いするために電報を使っても良いです。誕生日などの「お祝い事に対応した電報」が、多数用意されているという事です。

お祝いメッセージ

お祝いメッセージ・イメージ画像

祝電は結婚式の時だけに使える、と思い込んでいました。実際には誕生日に使えるなど、柔軟に幅広く、多くの機会に電報を使える事がわかりました。
使用例としては、新しい事が始まる春の季節、親族や友人の「お子様」の新生活をお祝いするために電報を送る、などの例があります。

お礼」や「お祝い」を伝える際に、電報の活用も検討してみましょう。形として手元に残る電報は、受け取った人も嬉しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました