パソコンのディスプレイで、地デジ番組を視聴する方法

液晶ディスプレイパソコンのディスプレイを使って、地デジのテレビ番組を見る方法があります。

その方法は、地上デジタルチューナーを付けるという方法です。自分の部屋など「やや狭い部屋」で見るなら、コンパクトなサイズの画面でも問題なく視聴できるでしょう。

もしも使っていないディスプレイ機器があるなら、それを使ってテレビを見ることもできます。
ただし画質(画素数)を落として表示する場合、ハイビジョンで視聴できません。
また、もしも「ディスプレイ機器そのもの」を交換するなら、最初から地上デジタルチューナーを搭載した液晶ディスプレイを使うと良いです。これなら地上デジタルチューナーを付ける必要もなくて、デスク周りもスッキリとします。

「自分の部屋でもテレビを見たいけれど、テレビをもう1台購入するのは嫌だ」
「テレビを見るだけで、録画しない(録画は不要)」

このような人は、パソコンのディスプレイ機器でテレビを見ると良いでしょう。地上デジタルチューナーを用意すれば、パソコンのディスプレイでも地上デジタル放送を視聴できるからです。

参考:バッファローの地上デジタルチューナー

チューナーの例として、バッファローの地上デジタルチューナーを、ご紹介したいと思います。※製品の最新情報については、メーカーのWEBサイトでご確認ください。

バッファローの地上デジタルチューナーは、レコーダーやゲーム機などと同じように、簡単に接続できます。電源・テレビ・アンテナに、ケーブルを接続するだけで完了となります。
また、「横幅の大きさ」は「コンパクトな大きさ」です。なので、置き場所を取りません。テレビ周りをスッキリできるでしょう。掃除もしやすいと思います。

ズーム機能によって、4:3のテレビでもデジタル映像を拡大して表示できます。
16:9のワイドテレビに対しては、スクイーズ出力によって、さらに臨場感がある映像を楽しめます。
どんなサイズのテレビでも、フル画面で地上デジタルを表示できると言えます。

付属のリモコンには、シンプル機能が搭載されています。なのでリモコン1台で、快適にテレビを操作できます。「チャンネルの切り替え」を始め、番組表や字幕放送という地上デジタル放送向けの操作も、ボタン一つで簡単に行なえます。

私は以前から、バッファローの製品をよく利用していました。チューナーではありませんが、パソコン用の無線LANルーター機器ではバッファロー製の物を使っています。家庭内ネットワークを簡単に構築できるので、長年愛用しています。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム