パソコンで年賀状を作る一番の方法・年賀状ソフトの利用

やっぱり年賀状ソフト

年賀状毎年11月の後半ぐらいになると、今年も「もうすぐ終わりだ」と思うようになります。そしてちょっと気が早いかもしれませんが、年賀状の準備について考え始めます。

パソコンを用いた年賀状の作成方法では、現在主流と言える方法は、年賀状ソフトを使うことだと思います。

パソコン購入時から、すでにインストールされている場合もあります。もしそうなら、ぜひ使ってみましょう。
※試用版がインストールされている場合があります。試用版では機能が制限されており、イラストが少ない、2枚以上印刷できないという制限があったりします。

今までによく使われていた年賀状ソフトには、
「筆まめ」「筆ぐるめ」「筆王」「はがきスタジオ」「宛名職人」「楽々はがき」
などがありました。

これらの市販ソフトでは、イラストや書体フォントが豊富だったり、住所入力から文面デザインができたりと、便利な機能が多数ありました。
「自分好み」の年賀状を簡単に制作したい方は、年賀状ソフトの利用を、ぜひ検討してみてください。

マイクロソフト・ワード

実は年賀状ソフト以外のソフトでも、年賀状の作成は可能です。
例えば文書作成ソフトのマイクロソフト・ワードでも、年賀状を作成できます。

自分が良いと思った年賀状の画像を、インターネットの画像配布サイトからダウンロードしてきて使ったり、デジタルカメラで撮った画像を使ったりできます。
自分の好きな文言を入れることもできて、自由自在にアレンジできます。

ワードは、文字を打つだけのソフトと考えがちです。ですが画像も使用できる、とても便利なソフトです(美しく印刷もできます)。
使い方は、とても簡単です。たぶん初心者の方でも、すぐに使えるでしょう。

年賀状素材の活用

年賀状の準備で、いつも悩むことがあります。それは年賀状のデザインです。干支のイラストなど定番のものでも良いのですが、たまには個性的なデザインにしてみたいと思ったりします。自分はもちろん、相手にも喜ばれる年賀状を送りたいと思っています。

そうは言っても残念なことに、私自身はデザインが出来ません。一昔前なら、ここで諦めるところです。だけど近年では、ネット上から素敵なデザインの年賀状素材を入手できます。無料のものや有料のもの、どちらもあります。

無料の年賀状用素材をダウンロードできるサイトは、検索するとたくさん見つかります。お気に入りのイラストを手に入れて、年賀状ソフトやワープロソフトなどで見た目良く配置します。そして「はがき」に印刷すれば、年賀状を作れます。

ところで日本郵便のサイトで、年賀状作成ツールをダウンロードできます。このツールには、最初から無料の年賀状素材が用意されています。なので「これらの素材」を使って、手軽に年賀状を作れます。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム