健康維持に役立つと期待できる、コーヒーの効能

コーヒーの効能

コーヒーの効能には、「蓄積された脂肪を分解する働き」や「血行の促進」「血栓を防いだりする効果」があります。そしてコーヒーの「カフェイン」や「クロロゲン酸」は、糖尿病の予防にもなると言われています。
その他に、「大腸がん予防の効果」なども期待できます。コーヒーをよく飲んでいる人は結腸癌になりにくい、というデータもあるそうです。

このようにコーヒーは、意外と優秀な健康飲料と言えます。

活性酸素の除去

コーヒー豆の芳香成分の一つに、クロロゲン酸と呼ばれる抗酸化物質があります。
このクロロゲン酸は、活性酸素を除去する抗酸化物質として注目を集めています。「がん」や「老化」の誘因となる活性酸素を除去してくれる物質として期待されています。

ちなみに米国では、コーヒーをよく飲む人は「大腸がん」になりにくい、という調査結果があるそうです。

基礎代謝の向上

コーヒーには、カフェインが含まれています。そのカフェインには、基礎代謝を上げる作用があります。この作用は、痩せにくい体質を痩せやすい体質に変えて、脂肪を燃焼しやすくします。

脂肪の燃焼を意識してコーヒーを飲む場合、食後や運動前、入浴前に飲むと効果的だそうです。
カフェインは3時間くらいで、体内からなくなってしまいます。なので、もしもカフェインの効果を1日中維持したいなら、5杯くらい飲む必要があります。

健康飲料としてコーヒーを飲みましょう

コーヒー

味わうだけでなく、健康のためにカフェインを含むコーヒーを飲んでいる人もいるでしょう。そんな場合、飲み過ぎしないようにしてください。適量を心掛けましょう。

砂糖も適量にしてください。砂糖をたっぷり入れると、糖分の取り過ぎになるからです。
そして体が冷えないように、なるべくホットで飲んでください。体の冷えた部分に、脂肪がつきやすくなるからです。

飲み過ぎに気をつけて毎日新鮮なコーヒーを飲むことは、健康維持に役立ちそうだと思いました。嗜好品としてはもちろんのこと健康飲料としても、コーヒーという飲み物は「おすすめ」です。

1日当たりのコーヒー量

ところで1日当たり、どのくらいコーヒーを飲んでも良いのでしょうか?
一つの目安として、2杯から3杯くらいと言われています。

コーヒーに含まれているカフェインについては、1日に摂取できる上限の量はおおよそ300mlから350mlくらいと言われています。この量をコーヒーに換算すると、2杯から3杯くらいです。このくらいが、1日に飲める量と言えます(1杯当たり150mlのカフェインが含まれている場合について)。

上限以上の量を摂取すると、カフェインの効果が体に対して悪影響を及ぼす可能性があります。依存性も高くなってきます。なので、飲み過ぎしないほうが良いでしょう。

たくさんの脂肪を燃やしたいからといって、ガブ飲みしてはいけません。どんなに多くても、一日に4杯から5杯くらいにしておきましょう。

ガブ飲みすると、逆に血糖値に悪影響となります。注意が必要です。
血糖値とは、血液内のグルコースつまりブドウ糖の濃度の事です。この値は、体内に適切な量の糖分が摂取されているか?について示します。
糖分がしっかりとコントロールされているか?判断する際、重要な値となります。

健康食品
この記事をシェアする

【広告】コーヒー 」の関連商品

• Amazon.co.jp

• 楽天市場

【澤井珈琲】ポイント10倍 送料無料!コーヒー専門店の200杯分入り超大入コーヒー福……

【澤井珈琲】ポイント10倍 送料無料!コーヒー専門店の200杯分入り超大入コーヒー福……

価格:2,727 円[税込](2019年5月20日 06:22時点)
送料込

ポイント:10 倍
✓開始日時2019-05-15 14:00
✓終了日時2019-06-05 10:59

販売店:澤井珈琲Beans&Leaf

送料無料 グルメ大賞コーヒージャンル受賞 レビューで大絶賛の初めての方や常連さんに大人気 人気の2種類のレギュラーコーヒーが合計200杯 お得なセット 珈琲福袋 2kg
名称 ヴィクトリーブレンド ブレンドフォ……

ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1 100g

ハマヤ ブルーマウンテンブレンド No.1 100g

価格:2,592 円[税込](2019年5月20日 06:22時点)
送料別

販売店:グランマーケット

やわらかくマイルドなブルマンの逸品 
ブルーマウンテンコーヒーをベースにブレンドし、やわらかくマイルドな味に仕上げております。インスタントとは思えない本格的な味わいに、一度買ったお客様からは「この……

グッズ・メモランダム