いつ頃に誕生した?コンタクトレンズの歴史

コンタクトレンズの歴史

コンタクトレンズは、とても多くの人たちに利用されています。視力の矯正用具として利点があるから、利用されているのでしょう。

このコンタクトレンズですが、いつ頃に誕生したのでしょうか。
どうやら1890年頃ということです。スイスの眼科医が、目の中にガラスで作ったレンズを入れる、という実験をしたそうです。
聞いただけで痛そうな実験ですが、このおかげで「コンタクトレンズという名称」が生まれたようです。

あと、先程の実験より以前の1500年頃に、レオナルド・ダ・ヴィンチがガラスボールに水を入れて外を見ることにより、物の形が変わって見えることを発見しています。
これが、コンタクトレンズの原理の発見と言えるでしょう。

また、1630年頃には、デカルトがガラスレンズを目に合わせて、屈折状態の変化を調べています。

以上のことより、コンタクトレンズが誕生したようです。

そして1930年代からは、ガラスと比較して装用感が良い、プラスチック製のレンズが開発されました。
実際には、戦争のために開発されたようです。本来は、戦闘機の風防に使われるために開発された物でした。
この素材により、ガラスの物と比較して(2時間から3時間ほどしか使えなかったガラスの物と比較して)、長時間の装用が可能になりました。

この当時の物は、今のハードコンタクトと違って、大きかったようです。
その後、技術が進歩してハードコンタクトは小さくなりました。酸素を通さなかった物が、酸素透過性の高いレンズへと変わっていきました。

1970年代には、ソフトコンタクトレンズが開発されました。
さらに利便性を求めて、使い捨てレンズやカラーコンタクトレンズが作られました。

メガネより便利と言われて人気となりました

コンタクトレンズを使用する女性

コンタクトレンズなら、「素顔のまま」となります。これは外見上の利点となります。メガネの場合、鼻の辺りの化粧が落ちやすくなったりして、見た目で不利な場合があります。

そしてコンタクトレンズなら、左右の度数が極端に違う人でも使えます

視界も広くなります。コンタクトレンズを装用した人の感想として、「周りが良く見える」という感想をよく聞きます。

視力回復
この記事をシェアする

【広告】コンタクトレンズ ワンデー 」の関連商品

• Amazon.co.jp

• 楽天市場

【処方箋不要】 【送料無料】 【楽天SPUポイント最大7倍】 メダリストワンデープラス ……

【処方箋不要】 【送料無料】 【楽天SPUポイント最大7倍】 メダリストワンデープラス ……

価格:6,167 円[税込](2019年5月25日 14:22時点)
送料込

販売店:アースコンタクト

※処方箋不要※ 2018年ショップオブジエリア受賞!!
●詳しい商品説明はこちら。広告文責株式会社ブラスト 03-3813-5901高度管理医療機器等 販売業 東京都 第4301051400001当店は都知事の許可のもと、改正薬事……

グッズ・メモランダム