何が原因?レーシック術後の副作用

注意レーシック手術を受けたことで副作用(後遺症)が生じたという事例が、報告されています。
レーシックによってどのような副作用が起こるのか?、また、なぜそれらの副作用が起こるのか?について、簡単にまとめたいと思います。

ハロ

メガネを使っていない方はイメージしにくいかもしれませんが、メガネのレンズを指でこすり、そのままメガネを通して光を見ると、光の輪郭が「にじんだような状態」に見えると思います。レーシックの手術後に、これと同様の副作用が起こることがあります。

この後遺症は、ハロと呼ばれています。これは夜に瞳孔が大きく開く人や、重度の近視である人ほど、起こりやすい症状のようです。

内出血

また、術後において、白目の結膜から内出血を起こして赤くなる場合があります(結膜下出血)。
これは手術の際にフラップを作るために角膜を動かないように吸引することによって、その圧力で内出血が起きた症状です。手術の際に目が動くような人は、それだけ強く固定するために吸引する力を上げます。よって、赤くなりやすいと言えます。

なお、このような内出血を起こしても視力に影響はありません。多くの場合、数日経てば自然に治るということです。

視力の変動

重度の近視の場合で、長年にわたってハードコンタクトを使っていたような人には、視力が変動するという副作用が現れやすいのようです。自覚症状として、視力の変動を訴える人がいるそうです。

乱視

術後に乱視になってしまう事も、レーシック手術によって起こる副作用として挙げられています。

乱視が起こる原因は、施術の際、エキシマレーザーの照射がズレていた事です。
レーザーの照射中に患者さんが目を動かしてしまうと、角膜が傾いた状態で照射が実施された事となります。これが、乱視が起こる原因となります。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム