強烈な「かゆみ」を治したい、「じんましん」の治療法

じんましん

「肌荒れ」の一つに、「じんましん」があります。
猛烈な「かゆみ」と「発疹」を伴う症状です。皮膚の奥で炎症が起こり、血管から血液の成分が漏れ出すために、すぐに「膨らみ」ができます。

主な原因としては、

農薬・植物・食事・ダニ・ハウスダスト・衣類などと言われています。

それらの他にも原因があると言われています。ですが、多くは不明となっています。

参考:ヒスタミンを含む食べ物

一般的な食品の中に、ヒスタミン物質が含まれている物もあります。例えばタケノコやセロリ、ほうれん草やバナナ、チーズや赤ワイン、チョコレートなどです。
※詳しくは、それぞれの食品の成分表で確認する必要があります。
これらの食品を食べた際に、「じんましん」が出てしまう人もいると聞きます。

あと、食品添加物である合成着色料や酸化防止剤なども、アレルギー症状の原因と言われています。「じんましん」などの皮膚に関する症状が出やすい方は、食品添加物をなるべく摂取しないようにしましょう。

治療法

薬を飲む女性「じんましん」の治療法は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服することが一般的です。
通常、外用薬は用いません。なぜなら塗り薬をすり込むと、かえって皮膚に刺激を与えてしまうからです。赤い腫れ(膨疹)を消えにくくさせてしまうからです。

また、慢性じんましん(「じんましん」が1ヶ月以上にわたって出たり消えたりを繰り返す)場合、一定の期間、薬の内服を続けた後、少しずつ薬を減らしていく治療が行なわれます。

妊婦さんの場合

「じんましん」の治療において薬を服用しますが、通常ではない時、例えば妊娠中の場合、そのような薬を飲むのは大丈夫なのでしょうか。やはり妊娠中の方に対して、100%安全な薬はないと言えます。ですが妊娠の時期によっては、内服可能な薬もあるそうです。皮膚科医と産婦人科医に相談して、適切に薬を飲むと良いでしょう。

慢性の「じんましん」では、1ヶ月以上かゆい症状が続きます。1ヶ月間も虫刺されみたいに「かゆい状況」が続くのは耐えられません。妊娠中と言えども、薬の安全性を確認できたら「じんましん」の薬を服用するほうが良いでしょう。

多くの場合、治療可能です

「じんましん」の特徴を言えば、症状が重くなるにつれて「じんましん」の出現する範囲が「どんどん広がって行く点」があります。次々と新しいブツブツが出てきます。体中に「じんましん」ができてしまった、という事例もあるようです。

体中に「じんましん」ができてしまったら「大丈夫だろうか?」と不安になります。ですが現在では

多くの場合、「じんましん」を治療可能ということです。

専門医に診てもらえば、治療薬をくれると思います。医師の指導の下、「じんましん」を治療していけば、将来的には薬の服用を止めても問題ない状態にできるそうです。

規則正しい生活で改善可能

実は「じんましん」の場合、普段の生活を見直すことで改善できる可能性があります。
「自律神経リズムの乱れ」や「ストレス」などにより免疫力が低下して、

過剰反応が起きていることで「じんましん」が発生している可能性もあるからです。

「じんましん」の薬を飲まずに、日常生活を規則正しく改善するだけで治療できるなら、そのほうが良いです。専門医とともに生活の改善をやってみるのも良いでしょう。

あと「じんましん」に限らず、肌を健康にしたいと思うなら、日常生活を規則正しくするほうが良いです。栄養豊富な食生活や充分に睡眠を取る事は、肌にとって良いことだと言えるからです。