ウェブデザイナーになるために必要な事

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーとは、ウェブサイトを美しくデザインする職業です。わかりやすくて見やすいウェブページを作成します。
商用サイトを制作することが、主な仕事だと言えます。「見栄え」や「インパクト」が重要視されるサイト、企業紹介や商品紹介などのウェブページを制作する事が多いです。なぜなら企業や団体・個人の店は、利益を上げるためにウェブサイトを運営することが多いからです。

ウェブサイトのデザインは、商品や企業のイメージに影響を与えます。
例えば「お客様」が焼肉店のウェブページを見た時、「焼肉の美味しさ」が伝わってくるウェブページなら、その「お店」に行ってみようと思うでしょう。
つまりウェブデザイナーの力量によって、「売上に違い」が出て来ます。

ウェブデザイナーは、自分のセンスだけでウェブサイトを作る訳にはいきません。発注者の意見をよく取り入れて、作っていく必要があります。
なので苦労する点も多いですが、ウェブデザイナーは面白くて「やりがいのある仕事」だと思います。

特に資格を求められません

例えばマイクロソフト製品のソフトのインストラクターをする場合、マイクロソフト製品関連の資格がないと、その仕事ができない、という場合があります(求人条件に、マイクロソフト製品関連の資格を持っていること、などと書いてある場合)。

ではウェブデザインの場合は、どうでしょうか?
ウェブデザインの世界では、ウェブ関連の資格はあまり関係がないようです。なぜなら、ウェブ関連の資格を持っているからといって良いデザインができる、ということにならないからです。
よって、ウェブデザイナーになるために必要な資格は、特にないです。ウェブデザインという作業は、パソコンがあればすぐにでも始められます。

でも、パソコンスクールなどでHTMLなどの基礎知識やデザインなどを学んでいるほうが、良いかもしれません。仕事を始める前にすでに知識があるほうが、実際に企業に勤めた時も働きやすくなると思います。

ウェブデザイナーに必要な事

デザインやプログラミングの能力

ウェブデザイン転職を機にウェブデザイナーになりたい、そう思っている方がいるかもしれません。

ウェブデザイナーになるには、少なくとも美術の能力のように色々なものをイメージできて、思うように描けるような能力が必要ということです。

次に、HTMLのようなプログラムのコーディング力が必要です。プログラムを作成するには正しい知識が必要です。独学でも習得する事はできます。しかし、基礎概念などはスクールなどに通ってじっくり教えてもらうほうが、良いかもしれません。

コーディング力は時間を掛けて勉強すれば、誰でもある程度はできるようになるでしょう。ですがセンスの問題と言える美術の基礎力は、センスを磨いていく必要があります。
デザイン系のスクールに通って目を養い、センスを磨いていくなど良いかもしれません。また、仕事しながら独学で学んでいくのも、時間は掛かりますが良いと思います。

グラフィックソフトを使える事

グラフィックソフトについては、どんなソフトを使って描いても全然構わないと思います。色々なグラフィックソフトを試してみると、いいかもしれません。

しかし仕事では、クライアントから指定されたソフトを使う必要があるでしょう。よく指定されるソフトは、イラストレーターやフォトショップなどです。

イラストレーターとは、イラストやポスターなどを描くのに適しているソフトです。デザインやレイアウトなどができて、曲線なども描けます。
フォトショップとは、写真や画像などの加工や色調整、合成などができるソフトのことです。

どちらも、DTPやウェブ制作の時に使うソフトです。出版関係や印刷会社の仕事では、必ずと言っていいほど使われるソフトです。
もしも将来そういう業界で仕事をしたいなら、ぜひ覚えておきたいソフトだと思います。しかし、習得するにも使いこなすにも、ある程度の時間が掛かるソフトだと思います。

また、専門知識やウェブ系の知識などを幅広く持っていないと、なかなか使いこなせないソフトだと思います。
イラストレーターやフォトショップを使いこなしたい方は、パソコンスクールなどで専門の講座を受けて学んでみると良いでしょう。

自作の作品でアピールしましょう

ウェブの世界では、どのような方法で自分をアピールしていくのでしょうか?

自分の作った作品で、アピールしていくようです。

作られたウェブページを見ると、使いやすさ・見栄え・使用している技術など、その制作者の実力を判断できるようです。
ある程度のレベルの人が見れば、ソフトウェアを使用して簡単に制作したのか、または細かい部分まで意識して自分で書き込んで制作したのかなど、わかるそうです。

インターネットがこれだけ普及した現在では、ウェブデザインに関する知識を持っている人、つまりウェブデザイナーは、とても重宝されることでしょう。