ウェブデザイナーになるために必要な事

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーとは、ウェブサイトを美しくデザインする職業です。わかりやすくて見やすいウェブページを作成します。
商用サイトを制作することが、主な仕事と言えます。「見栄え」や「インパクト」が重要視されるサイト、企業紹介や商品紹介などのウェブページを制作する事が多いです。なぜなら企業や団体・個人の店は、利益を上げるためにウェブサイトを運営することが多いからです。

ウェブサイトのデザインは、商品や企業のイメージに影響を与えます。
例えば「お客様」が焼肉店のウェブページを見た時、「焼肉の美味しさ」が伝わってくるウェブページなら、その「お店」に行ってみようと思うでしょう。
つまりウェブデザイナーの力量によって、「売上に違い」が出て来ます。

ウェブデザイナーは、自分のセンスだけでウェブサイトを作る訳にはいきません。発注者の意見をよく取り入れて、作っていく必要があります。
なので苦労する点も多いですが、ウェブデザイナーは面白くて「やりがいのある仕事」だと思います。

特に資格を求められません

例えばマイクロソフト製品のソフトのインストラクターをする場合、マイクロソフト製品関連の資格がないと、その仕事ができない、という場合があります(求人条件に、マイクロソフト製品関連の資格を持っていること、などと書いてある場合)。

ではウェブデザインの場合は、どうでしょうか?
ウェブデザインの世界では、ウェブ関連の資格はあまり関係がないようです。なぜなら、ウェブ関連の資格を持っているからといって良いデザインができる、ということにならないからです。
よって、ウェブデザイナーになるために必要な資格は、特にないです。ウェブデザインという作業は、パソコンがあればすぐにでも始められます。

でも、パソコンスクールなどでHTMLなどの基礎知識やデザインなどを学んでいるほうが、良いかもしれません。仕事を始める前にすでに知識があるほうが、実際に企業に勤めた時も働きやすくなると思います。

ウェブデザイナーに必要な事

デザインやプログラミングの能力

ウェブデザイン転職を機にウェブデザイナーになりたい、そう思っている方がいるかもしれません。

ウェブデザイナーになるには、少なくとも美術の能力のように色々なものをイメージできて、思うように描けるような能力が必要ということです。

次に、HTMLのようなプログラムのコーディング力が必要です。プログラムを作成するには正しい知識が必要です。独学でも習得する事はできます。しかし、基礎概念などはスクールなどに通ってじっくり教えてもらうほうが、良いかもしれません。

コーディング力は時間を掛けて勉強すれば、誰でもある程度はできるようになるでしょう。ですがセンスの問題と言える美術の基礎力は、センスを磨いていく必要があります。
デザイン系のスクールに通って目を養い、センスを磨いていくなど良いかもしれません。また、仕事しながら独学で学んでいくのも、時間は掛かりますが良いと思います。

グラフィックソフトを使える事

グラフィックソフトについては、どんなソフトを使って描いても全然構わないと思います。色々なグラフィックソフトを試してみると、いいかもしれません。

しかし仕事では、クライアントから指定されたソフトを使う必要があるでしょう。よく指定されるソフトは、イラストレーターやフォトショップなどです。

イラストレーターとは、イラストやポスターなどを描くのに適しているソフトです。デザインやレイアウトなどができて、曲線なども描けます。
フォトショップとは、写真や画像などの加工や色調整、合成などができるソフトのことです。

どちらも、DTPやウェブ制作の時に使うソフトです。出版関係や印刷会社の仕事では、必ずと言っていいほど使われるソフトです。
もしも将来そういう業界で仕事をしたいなら、ぜひ覚えておきたいソフトだと思います。しかし、習得するにも使いこなすにも、ある程度の時間が掛かるソフトだと思います。

また、専門知識やウェブ系の知識などを幅広く持っていないと、なかなか使いこなせないソフトだと思います。
イラストレーターやフォトショップを使いこなしたい方は、パソコンスクールなどで専門の講座を受けて学んでみると良いでしょう。

仕事で求められるウェブデザイン

インターネットは、近年どんどん普及しています。パソコンやスマートフォンを持っている「ほとんどの人」がインターネットにアクセスした経験を持っている、と言えます。

近年では、インターネット回線の速度が速くなり、パソコンの性能も良くなりました。そういうこともあり、動画や画像を「たくさん使用したウェブサイト」が、多くなりました。
また逆に動画などを使わずに、あえてシンプルなデザインを採用するウェブサイトもあります。ウェブサイトのデザインの幅も年々広がっている、と言えます。

また現在では、多くの会社が自社のウェブサイトを持っています。そして、これらの会社の多くは、ウェブサイトの制作を外部に委託しているのが現状です。
これらの傾向は、ますます強まっていくことが予想されます。なので、ウェブデザインやプログラミングの技術を持っている人材は、貴重な存在になっていくはずです。

ぜひウェブデザインを学びましょう。仕事でも重宝がられると思います。

色んな知識が必要なウェブデザイン

デザインを学ぶパソコンを使用したウェブデザインには、色彩などデザインに関する知識だけでなくて、様々な知識が必要になってきます。

ウェブページのレイアウトや配色に関する知識を始め、ボタンの形状やボタンの配置方法など、「使いやすさ」に直接関係する事項を、一定のルールを守って考えていかなくてはなりません。

ウェブを作成する際、多くの場合、ドリームウェーバーなどのウェブ制作ソフトを使用すれば良いと思います。ですが上級者になるためには、テキストエディターなどで直接ウェブページを記述できる技術が、必要となってきます。

さらにウェブデザインを行なうためには、イラストレーターやフォトショップといったグラフィックソフトを、使いこなす必要があるでしょう。
そして場合によっては、プログラムやHTMLのコーディングなどを考えながら、デザインする必要もあります。

また、ウェブ・プログラミング(ウェブ向けプログラミング)では、PHPやJava(ジャバ)、 JavaScriptなどの言語を駆使して、ウェブページをデザインしていきます。
掲示板やメール送信などの簡単なものから、インターネット・ショッピングや会員制のシステムなど、複雑なシステムを作り上げます。

なお、ウェブ・プログラミングとウェブデザインの両方の技術を身に付けた人は、ウェブ・プロデューサーとも呼ばれて、ウェブページの制作をコーディネートしていくようです。

ところで、ウェブをデザインする事は絵画を描くのと同じで、ある程度のセンスが必要であると言われています。
しかし絵画と違ってセンスに任せて作ることができる、というものでもありません。パソコンで作成してウェブページで公開するためには、デザインに様々な制約があることも事実です。
このようなことを考えればセンスはある程度必要ですが、センスだけがあってもウェブデザインで通用するとは限らない、とも言えます。

デザイン知識の例:写真は必須か?

ウェブ媒体や印刷物などで何かを伝えたい時、写真は必須でしょうか。
人は文字を読んだ際に、その内容をイメージ化できると言われています。そう考えると、伝える内容によっては、写真が不要という場合もあるでしょう。
ですが、写真があると雰囲気が出るという場合もあります。なので、伝えたい事をまずは文字で表して、それを補うように写真も利用すると良いと思います。
例えば商品のチラシでは、商品名と価格だけという「文字だけのチラシ」もあります。

もちろん、商品写真を大きく印刷しているチラシもあります。商品写真の場合は、イメージ写真と言えます。例えば食品の場合なら、美味しそうなイメージを伝える写真になっているでしょう。店内に並べられた実際の商品を写した写真ではなくて、よくあるイメージ素材の写真を利用している事が多いようです。

ウェブデザインの勉強法

「自分で商用レベルのウェブサイトを、作れるようになりたい」

 

そう思ってウェブデザインやHTMLを勉強しようと考えた時、パソコンスクールに通ったほうが良いのか?独学で学んだほうが良いのか?悩むところです。

どちらで勉強するにしても、一長一短があると思います。
パソコンスクールに通う場合は、授業料が掛かります。
専門書など読んで独学する場合は、書いてあることがわからず、諦めてしまうかもしれません。

最初にパソコンスクールで学ぶ

一つの勉強の仕方の例として、

まずはパソコンスクールに行って基礎知識を学び、その後「独学で勉強してゆく」

という「やり方」があると思います。
パソコンスクールの入門コースなら、授業料もそんなに高額ではないと思います。

独学に役立つサイトで学ぶ

HTMLについてインターネットで調べる場合は、「HTML 入門」などという検索キーワードで役立つサイトを見つけましょう。
参考に、HTMLの独学に役立ちそうなサイトを、ご紹介します。

これ以外にも、HTML関連のサイトは「たくさん見つかる」と思います。
独学に利用できるサイトを、見つけてください。

通信講座

パソコン関連の通信講座の一つに、「ホームページデザイナー講座」と呼ばれているものがあったりします。このような講座を学ぶことにより、ホームページの作り方が身に付いて、ホームページデザイナーの民間資格も得ることができます。

この資格を取得後、ホームページ作成関連の仕事に就いたり、ネットショップを立ち上げたりなど、パソコン関係の仕事の選択肢が増えると思います。
通信講座の良い点は、自宅で自分の空いた時間に学べることだと思います。ぜひ頑張ってみましょう。

資格の取得

ウェブデザイン関連の資格取得を通じて自分の能力をアップする、という学び方もあります。
ウェブ関連の資格取得を「きっかけ」にして、ウェブに関する知識と技術を学んでみましょう。
ウェブの資格を取得することによって、ウェブデザインの方法をマスターしてゆくのも良い、と思います。

なお、ウェブに関する技術の「進歩の速さ」は、非常に速いものとなっています。普段からアンテナを広く張り、「新しい技術を吸収しようとする心構え」も必要です。

自作の作品でアピールしましょう

一通りウェブデザインを勉強した後、ウェブ業界に対して、どのような方法で自分をアピールしていくのでしょうか?

自分の作った作品で、アピールしていくようです。

作られたウェブページ作品を見ると、使いやすさ・見栄え・使用している技術など、その制作者の実力を判断できるようです。
ある程度のレベルの人が見れば、ソフトウェアを使用して簡単に制作したのか、または細かい部分まで意識して自分で書き込んで制作したのかなど、わかるそうです。

インターネットがこれだけ普及した現在では、ウェブデザインに関する知識を持っている人、つまりウェブデザイナーは、とても重宝されるでしょう。ウェブデザイナーになりたいと思うなら、ぜひ目指してください。

タイトルとURLをコピーしました