ティファニーの香水(覚え書き)

女性用ティファニーの香水

ここではティファニーの女性用と言われている香水を、いくつかご紹介したいと思います。

ティファニー(フォーウーマン)

バラの香り

香水の香り・イメージ画像

この香水は、ティファニー創業150周年を記念して作られた香水です。
その「美しい香り」は、贅沢な成分が溶け合い、絶え間ない気品と艶やかな色気を感じさせてくれます。
フローラル・ノートの秀作と言われている香水です。調香師は、ジャック・ポルジュ氏です。

「トップの香り」は、ベルガモット、アルデハイド、カシス、プラム、パイナップル、タジェットの香りに変化します。
「ミドルの香り」は、カーネーション、ヘリオトロープ、ダマスカスローズ、ジャスミン、イランイラン、チューベローズ、イリスの香りに変化します。
そして「ラストの香り」は、ムスク、アンバー、シダー、バニラ、ベンゾイン、シベット、パチョリ、トンカビーンズの香りに変化します。

香水のボトルは、五番街店のフラッグシップがモチーフになっています。
パッケージは、ティファニーズ・ブルーボックスです。
プレゼントなどにも喜ばれる香水です。

ティファニー パルファン 25oz

この香水は、インディアンジャスミン、ダマスクローズ、イランイラン、アイリス、オレンジという「贅沢な香り」の香水です。
その「香り」には、「奥深さ」と「豊かさ」が感じられます。
「香り」の持続時間は、5時間から7時間ほどです。コロンは、3時間ほどになります。

ここでは女性用の香水として紹介しましたが、実は男性も使える香水です。

ピュア ティファニー EDPSP

この香水は、「さわやかであり、みずみずしい香り」の香水です。
その「香り」は、エキゾチックジャスミン、ウォーターリリー、チューベローズ、「メイブロッサムにウッドの香り」を添えた香りです。

ボトルのデザインは、透き通った上品なデザインになっています。
女性用の香水として紹介しましたが、男性も使える香水です。

男性用ティファニーの香水

ここでは、男性用と言われているティファニーの香水を、いくつかご紹介したいと思います。

ティファニー フォーメン スポーツ

この香水はメンズ・フレグランスとして、1998年に発売されました。この香水は廃盤になっても根強い人気があり、とてもレアな香水です。

「トップの香り」は、ジュニパーベリーやシトラスなど、スッキリとした香り立ちです。そしてジャマイカン・ペッパーやゼラニウム、コリアンダー、ハーバルなどがブレンドされています。
「ラストの香り」は、ウッディ・テイストのスウィートな香りに変化します。

調香を行なったのは、ジャック・ポルジュ氏です。シャネルの専属調香師として才能を発揮しています。
この香水は男性用ですが、スッキリとした香りなので女性にも人気があります。

パロマ ピカソ ミノタウロ プールオム EDT 125ml 男性用

この香水は、1992年に発売されたフレグランス・ラインの香水です。ロマンティックであり、マイルドな香りに仕上がっています。
なお、香水名のミノタウロとは、神話上のクレタ島の怪物です。テッセウスに倒された半牛半人のことを言います。

香水のイメージは、「マッチョで元気あふれる香り」を想像します。ですが意外にも、バニラなどの「アンバーな甘さ」のフゼア・ウッディー・アンバリーの香調です。

「トップ」では、ベルガモットなどのフルーツ、コリアンダー、アルデハイド、タラゴン、ガルバナムなどが、楽しい感じのシトラス・スウィートを香り立たせます。
「ミドル」では、ジャスミン、ローズ、リリー・オブ・ザ・ヴァレイ、ラベンダー、ゼラニウムなどが、メンズにしては珍しいストレートなフローラル・ブーケの香りに変化します。
「ラスト」では、バニラ、シダー、アンバー、ムスク、トンカビーンズ、サンダルウッド、レザーなどが、ふんわりと淡い色っぽさを演出します。

調香は、CREATIONS AROMATIQUESです。バーバリーのロンドン・メンウーマンや、ラリックのオー・ド・ラリック、ヒューゴ・ボスのヒューゴなどを、手掛けています。

ボトルのデザインは、とてもユニークです。このデザインは、パロマ・ピカソ本人が行なっているそうです。

この香水は日本では珍しいので、実際に見かけたらラッキーと言える貴重な香水です。
「フローラル」や「ラストのスウィート」が際立つ香りなので、女性の方も愛用できます。



タイトルとURLをコピーしました