きちんと片付けるための「収納のコツ」

苦手な人が多い整理整頓

「洋服が大好きで、たくさん買った。だけど、しまう場所がなくて困っている」。
そんな方が多い、と思います。

そして「しまう場所」がないため、とりあえずタンスやクローゼットの中に、洋服を「ぎゅうぎゅう」に押し込んでいるかもしれません。これでは、取り出す時にスムーズに取り出せません。なので、良い収納方法とは言えないでしょう。

整理整頓することを苦手だと思っている人は多い、と思います。実際にきちんと片づけるためには、「必要な物を使いやすく収納する」と意識することが大切です。

収納するコツ

分類する事

収納ケースうまく収納するコツの一つは、分類する事です。物の共通部分を見つけて、グループに分類する事です。

なお、共通部分によってグループ分けするためのルールは、特に決まっていません。自分で「そのルールを決めて良い」です。その決めたルールに従って、整理してゆくことが収納する秘訣と言えます。
以下に分類方法の例を、書いてみたいと思います。

食器類については、「コップ」や「お茶碗」「お皿」などをアイテム別に分類します。
それぞれに分類したら、食器棚にアイテム別に場所を確保します。アイテム別に分けて収納する事で、見た目を整えられて、食器を取り出す際もスムーズに取り出せます。

洋服類についても、同じようにアイテム別に分類します。
「Tシャツ」や「カットソー」、「下着」や「靴下」などをそれぞれに分類して、それぞれの収納する場所を確保します。
さらに「春夏物」と「秋冬物」に分けて季節ごとに別々の箱に入れたりすると、「衣替え」を簡単に行なえます。「衣替え」の時期に、箱ごと入れ替えるだけで良いからです。

以上のようにアイテム別に分類すると、スッキリ片付けられます。自分はもちろん、家族が見ても、どこに何のアイテムが収納されているのか「わかりやすい」と言えます。

スペースを空ける事

洋服などを片付ける際、ある程度スペースを開けて「しまう事」が大事です。
「ケース」や「引き出し」の上部に、多少のスペースを空けて収納するほうが取り出しやすいと思います。

折り畳んで収納する場合も、畳まないで吊して収納する場合も、周りにスペースがあると取り出しやすいです。収納では、後から取り出す事も考慮して片づけるようにしましょう。例えば衣類を整えてしまっておくほうが、後から取り出しやすいと思います。

単に物を片づけても、上手な収納とは言えません。例えば洋服を収納する場合、洋服を「どのように畳むか」で、その後の「洋服の取り出しやすさ」が違ってきます。
タンスの幅に合わせた畳み方をするなど、収納量を増やすのに効果がある畳み方をしてみましょう。無駄に隙間ができてしまう畳み方では、スペースがもったいないです。

置く場所を決める事

うまく収納を行なうコツとして、物を置く場所を決めておくという方法があります。
物が「いつも同じ場所」にあるなら、探しやすいです。例えば「テレビのリモコンは?」と探す際、すぐに見つかります。いつもの場所を探せば良いからです。

さらに言うと、見ただけで「ここに置いてある」という事がわかるようになっていると、もっと良いです。例えば、ペンや鍵という小物をカゴの中に入れておけば、カゴの中を見てすぐにわかります。

時計やメガネという傷付けたくない物については、カゴの中に入れる事はできません。なので棚の中に布を敷いて、その上に置くと良いでしょう。

「物を同じ場所に置く事」と「見てわかるように置いておく」という点を、ぜひ意識して収納してください。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム