痛い思いをせずに、上手に耳掃除するコツ

痛い思い出

耳かきを痛がる男の子

「耳かき」というと、幼い頃に「お母さん・お父さん」の膝に頭を乗せて、親子のコミュニケーションをしたという事を思い出したりするでしょう。

しかし最近では「耳かき」を嫌がる子供が、時々いるそうです。

  • 何かが耳に入ることが元々嫌なのか?
  • それとも親が耳掃除を丁寧にやり過ぎたために、子供が痛い思いをして嫌がるようになったのか?

どちらか判りませんが、後者である場合が結構多いそうです。

そんな私は、母親の膝の上で気持ち良く寝ながら、耳掃除をしてもらった記憶があります。
時々「イテッ」なんて事もありましたけれど(笑)。

耳掃除のし過ぎに注意

耳掃除は気持ちの良い事と頭が覚えていたせいか、自分で耳掃除できるようになって、毎日耳かきをしていました。
中学生だった時のある日、耳の中が猛烈に痛みました。

耳鼻科に行くと「耳掃除のし過ぎによる外耳炎」という診断でした。

子供心に、少し恥ずかしい思いをしました。

ところで童話か何かで「耳掻きの好きな王様」という物語がありました。
耳掃除が好きで毎日毎日せっせと耳垢を掘っていたら、反対の穴まで貫通してしまったという話です。
「耳かきが好き」という「王様の気持ち」に共感できるという人は、結構いるのでは?と思います。

耳掃除のコツ

耳掃除というのは、どの程度したら良いのでしょうか?

そもそも耳垢の元は、鼓膜上皮です。この皮膚がゆっくりと外側へ移動して外耳道へと移り、鼓膜側から出口に向かいます。
出口近くまで来た時に、皮膚が剥がれて「耳垢」になります。

カサカサ垢とベタベタ垢の「違い」は、耳垢腺という汗腺の一種があって、その「分泌量の違い」が体質により差があるからです。その差によって、耳垢がカサカサだったりベトベトだったりします。

以上の事より、

実は耳垢というのは、出口付近で剥がれた物だけを除去すれば「掃除終わり」になります。

耳の出口辺りだけ、掃除すれば良いです。耳の奥のほうを完璧に掃除する必要はありません。耳の奥まで掃除するなんて思っていると、外耳炎になってしまう場合があります。要注意です。

自分自身で行なう耳掃除は、耳の病気を発見しやすい様な状態、つまり耳の奥が見える状態になったら、おしまいにしましょう。
※どうしても耳の中を隅々まで綺麗にしたいなら、専門医に掃除してもらいましょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム