目を「いたわりたい」なら、疲れ目対策グッズ

「目の酷使」による疲れ目

一昔前と比べて、スマートフォンやパソコンを使ってネットを利用する時間が増えました。楽しい反面、疲れ目がひどくなりました。
目の健康を考えるなら「ネットをしない日」を設けたほうが良い、という意見を聞いたことがあります。確かに週に一日くらい「ネット禁止の日」を作ったほうが、目の健康にとって良いと思いました。

目を疲れさせる「仕事のパソコン作業」

仕事でパソコンを使う人、特に一日中パソコンを使って仕事をしている人は、かなり目を酷使していると言えます。よって、疲れ目や眼精疲労に悩んでいる人は多いと思います。

眼精疲労の原因を考えると、パソコンの画面を一日中見ている事が原因のように思えます。個人的には、一日中ディスプレイと「にらめっこしている人」「凝視している人」が、眼精疲労になりやすいと思っています。
「1時間作業したら、5分間・目を休ませましょう」という意見を、聞いたことがあります。その通りだと思います。目が疲れてきたら、まずは作業を止めて目を休ませることが大切と言えます。そして疲れ目対策のグッズを使って、目を「いたわる」と良いでしょう。

なお、実際のところ、様々な事が原因となって眼精疲労になっていると言われています。つまりパソコンを使わない人でも、眼精疲労になる可能性はあるようです。

眼精疲労

目が疲れたり目が痛くなったりする症状が、長く続くことがあります。そして、その症状が体に悪い影響を与えることもあります。このような状態を、医学的に眼精疲労と言います。
眼精疲労の主な症状は、目が疲れてぼやける、目がかすむ、目に「痛み」があり充血したりする、涙が出る、などがあります。その他には「頭痛」や「めまい」「吐き気」など、体に現れる症状もあります。

眼精疲労は別の言い方をすると、長い時間にわたって筋肉に蓄積された疲労と言えます。例えば一日5時間以上パソコン画面を見つめていると、一晩寝ても回復しないという指摘もあります。
眼精疲労になると「眼の異常」、「肩こり」や「頭痛」、「消化器の潰瘍(かいよう)」などの原因になるそうです。そしてこれらの体調不調により、「交換神経・副交感神経の切り替え」がうまくいかず、不眠になってしまう場合があるそうです。

もしも目が疲れたら、まずは目を閉じると良いそうです。単純なことですが、目を閉じれば、それだけで目を休める効果があるそうです。
なお、目の別の症状として眼疲労と呼ばれている「生理的な目の疲れ」があります。こちらについても、目を休めるとそのうち症状が回復する、と言われています。

目を休める睡眠

疲れ目を回復させるためには、目を休ませる事がとても重要と言えます。そこで疲れ目対策として、日々の睡眠に注目してみると良いでしょう。
疲れ目の症状が「かなりひどい」なら、眼科で診てもらったほう良いです。しかし、よくある疲れ目程度なら、睡眠をしっかり取る事で回復させる事が可能です。

睡眠の質については、ぐっすりと眠る質の高い睡眠が求められます。睡眠時間については、一日あたり6時間から8時間ほど必要でしょう。
もしも「なかなか寝付けない」という方は、照明に工夫をしましょう。寝る1時間くらい前から、照明を少しずつ暗くしてゆきます。そうすると眠りやすくなる、と思います。あと就寝時間の3時間前までに、夕食を済ませておきましょう。

睡眠中では目の筋肉が使われず、見る機能も使われません。よって、目をしっかりと休ませる事ができます。よく眠る事で、目をいたわりましょう。

目のストレッチやマッサージ

もしも普段から「目の疲れ」を感じるなら、なるべく早く解消することが目の健康にとって大切です。疲れ目の解消方法としては、手軽に行なえる目のストレッチやマッサージがあります。

目のストレッチ

まずは「眼球周り」の筋肉ストレッチについて、一例をご紹介したいと思います。

  1. 目を閉じます。そして、両目をぱっと大きく見開きます。
  2. 次に顔を正面に向けたまま、両目を左右へ動かします。
  3. 左右へ動かし終えたら、同様に上下へ動かします。どちらもゆっくりと動かします。

以上の一連の動作が、目のストレッチ運動となります。スマートフォンやパソコンを使っていて「目の疲れ」を感じたら、行なってみましょう。

目のマッサージ

指を使って行なうマッサージもあります。

  1. 最初に、目の上の骨に沿って指を動かしながら、優しく押していきます。
  2. 次に、人差し指と中指を使って目の下の骨に沿って、優しく押していきます。

このマッサージによって「目の周り」の筋肉をほぐせます。なので、血液やリンパ液の「流れ」を促進できるでしょう。
なおマッサージの際には、眼球を圧迫しない、傷つけないように気をつけてください。

疲れ目対策グッズ

「目の疲れ」「目の痛み」などの症状については、軽い場合なら目を休ませることで回復するでしょう。「目の疲れ」が「肩こり」や「頭痛」などの症状へ進行する前に、予防したいです。

「目の疲れ」を回復させる方法の一つに、目をつぶってホットパックをする方法があります。血行が促進されるので、効果的です。もしもホットパックを持っていないなら、温かい蒸しタオルを目の上に乗せて代用しても良いです。目が、スッキリすると思います。

タオルパック

目を酷使したことで「目の周り」の筋肉がカチカチに固まってしまい、疲れ目となってしまいます。そんな疲れ目を解消したいなら、目の血行を促進させて「目の周り」の筋肉を「ほぐす」と良いです。

疲れ目対策の一つに、タオルパックという方法があります。このタオルパック法には、「目を温める方法」と「目を冷やす方法」の二つがあります。

目を温める場合

ドライアイや、目が「しょぼしょぼ」する疲れ目の症状を治したい場合、目を温めるタオルパックが良いです。血行を促進して涙の分泌を促すからです。
目を温める場合、お湯に浸したタオルや、湿らせたタオルを電子レンジで加熱した物を、用意します。

目を冷やす場合

目が充血している時や「目の周り」が熱っぽいなら、目を冷やすタオルパックが良いです。
冷水や氷水にタオルを浸して絞った、目を冷やすためのタオルを用意します。

なお、眼精疲労に対しては、温める方法と冷やす方法を数分おきに交互に行ないます。この対策によって、ある程度「目の疲れ」を解消できると思います。

アイマスク

「目に疲れ」を感じたら、その日のうちに対処することが大切です。「目の疲れ」をそのまま放置しておくと、眼精疲労の症状が出てくることもあります。普段から持ち運びできるアイピロー(アイマスク)を用意して、いつでも対処できるようにしておきましょう。
アイピローの中には、ラベンダーなどの「優しい香り」が染み込んでいる物もあります。これなら香りによって、心や体もリラックスできるでしょう。

アイマスクしている女性アイマスクの一つに、目を温めるために使えるホット・アイマスクがあります。このようなアイマスクを用いて目を温めることも、疲れ目解消に有効な方法です。血液の循環が良くなり、「目の疲れ」が緩和されるからです。

その他にも、ちょっと変わったマッサージ器として、アイマスク型のマッサージ器があります。「目の周り」をマッサージする機器であり、「目の疲れ」が取れます。さらに「肩こり」の解消も期待できるそうです。
「疲れ目」と「肩こり」の両方に「お悩みの方」に、使っていただきたいマッサージ器だと思いました。