目を「いたわりたい」なら、疲れ目対策グッズ

「目の酷使」による疲れ目

一昔前と比べて、スマートフォンやパソコンを使ってネットを利用する時間が増えました。楽しい反面、疲れ目がひどくなりました。

目の健康を考えるなら「ネットをしない日」を設けたほうが良い、という意見を聞いたことがあります。確かに週に一日くらい「ネット禁止の日」を作ったほうが、目の健康にとって良いと思いました。

目を疲れさせる「仕事のパソコン作業」

仕事でパソコンを使う人、特に一日中パソコンを使って仕事をしている人は、かなり目を酷使していると言えます。よって、疲れ目や眼精疲労に悩んでいる人は多いと思います。

眼精疲労の原因を考えると、パソコンの画面を一日中見ている事が原因のように思えます。個人的には、一日中ディスプレイと「にらめっこしている人」「凝視している人」が、眼精疲労になりやすいと思っています。

「1時間作業したら、5分間・目を休ませましょう」という意見を、聞いたことがあります。その通りだと思います。目が疲れてきたら、まずは作業を止めて目を休ませることが大切と言えます。そして疲れ目対策のグッズを使って、目を「いたわる」と良いでしょう。

疲れ目対策グッズ

タオルパック

目を酷使したことで「目の周り」の筋肉がカチカチに固まってしまい、疲れ目となってしまいます。そんな疲れ目を解消したいなら、目の血行を促進させて「目の周り」の筋肉を「ほぐす」と良いです。

疲れ目対策の一つに、タオルパックという方法があります。このタオルパック法には、「目を温める方法」と「目を冷やす方法」の二つがあります。

目を温める場合

ドライアイや、目が「しょぼしょぼ」する疲れ目の症状を治したい場合、目を温めるタオルパックが良いです。血行を促進して涙の分泌を促すからです。
目を温める場合、お湯に浸したタオルや、湿らせたタオルを電子レンジで加熱した物を、用意します。

目を冷やす場合

目が充血している時や「目の周り」が熱っぽいなら、目を冷やすタオルパックが良いです。
冷水や氷水にタオルを浸して絞った、目を冷やすためのタオルを用意します。

なお、眼精疲労に対しては、温める方法と冷やす方法を数分おきに交互に行ないます。この対策によって、ある程度「目の疲れ」を解消できると思います。

アイマスク

アイマスクしている女性アイマスクの一つに、目を温めるために使えるホット・アイマスクがあります。このようなアイマスクを用いて目を温めることも、疲れ目解消に有効な方法です。血液の循環が良くなり、「目の疲れ」が緩和されるからです。

その他にも、ちょっと変わったマッサージ器として、アイマスク型のマッサージ器があります。「目の周り」をマッサージする機器であり、「目の疲れ」が取れます。さらに「肩こり」の解消も期待できるそうです。
「疲れ目と肩こり」の両方に「お悩みの方」に、使っていただきたいマッサージ器だと思いました。