金属アレルギーに悩まず「おしゃれ」できる、チタンのアクセサリー

アクセサリーによる金属アレルギー

アクセサリーのピアスを付けたら、皮膚が「かぶれて」しまい、赤く「はれて」困った。そんな経験を「お持ちの方」がいるでしょう。
この症状は、金属アレルギーでしょう。ピアスを付ける際、皮膚に穴を開けるので、金属が皮膚の組織に直接触れることで、金属アレルギーを起こしやすいです。

ピアスに限らず、アクセサリーを身に付けていると金属アレルギーの症状が出たりします。アクセサリーの金属が汗などで溶けてイオン化して体内に入り込み、拒絶反応を引き起こすからです。

一般的に、アレルギーを起こしやすいとされている金属には、亜鉛・クロム・コバルト・銅・ニッケル・マンガンなどがあります。
金属のアクセサリーを身に付けた際に、「かゆみ」や「かぶれ」、皮膚が赤く「はれた」場合、アクセサリーの使用をすぐにやめましょう。

また、比較的アレルギーを起こしにくいとされている金属には、金や銀・プラチナがあります。そしてチタンの名をよく聞きます。ピアスでも、金具の部分にチタンを使った物が登場しています。

体質と金属アレルギーについて

アクセサリーや下着の金具が皮膚に触れた際、金属アレルギーの症状が出てしまう人がいます。「体質」と「金属アレルギーの起きやすさ」には、どんな関係があるのでしょうか。

汗をかきやすい人・角質層が薄い人は、金属アレルギーを起こしやすいと言われています。
なぜかと言うと、金属は酸性に弱いので汗に溶けやすいからです。そして角質層が薄い人は、金属が皮下組織にまで浸透しやすいからです。

もしも自分がアレルギー体質かもしれないと思ったら、パッチテストを行ないましょう。自分が「どの金属に対してアレルギー」であるか、事前に知っておくためです。
あと、清潔である事がアレルギーを防ぐのに役立ちます。汗をかいたら拭き取る、アクセサリーの金属を洗浄するなどして、清潔を保ちましょう。

なお、金属アレルギーの原因は、様々あります。自分では診断できない事もあります。なので、専門医に診てもらうほうが確実でしょう。

もしも金属アレルギー体質になってしまったら、出来る限り、肌の機能を高めることが大切です。人の肌は(人の皮膚は)、常に外気にさらされています。なので普段から、ある程度丈夫である事が必要です。

肌に対する医学的な治療は大事ですが、肌が丈夫で健康的である事も大事です。金属を用いたアクセサリーを楽しむためにも、肌を元気にしましょう(なお自己流では、かえって肌を傷めてしまうかもしれません。なので専門医の指導の下、スキンケアを行なうと良いです)。

チタンのアクセサリーを選びましょう

一般的な金属アレルギーでは、指輪やピアスなどのアクセサリーによる皮膚炎があります。この皮膚炎の場合、アクセサリーを身に付ける事をやめる、つまり体からアクセサリーを外すことで改善できます。

ただしこの場合、大切な思い出が詰まっているジュエリーやエンゲージリング、マリッジリングなども、体から外すことになります。

思い出のアクセサリーをいつも身に付けていたい、だけど金属アレルギーなら仕方がないので体から外すことになる、このように諦めることになるかもしれません。
ですが例えば、チタン・イオンプレーティングという技術を使えば、金属アレルギーを防ぎつつ、美しいジュエリーを制作できるそうです。

チタン製ネックレス

チタンを用いたネックレス

そのようなジュエリーは、チタン・ジュエリーという名称で販売されているようです。また、今持っているジュエリーに対しても、チタン・イオンプレーティングによるコーティングを行なえるそうです。

金属アレルギーに悩まされて、思うようにジュエリーを身に付けられなかったという人は、金属アレルギー防止対策のジュエリーを検討してみましょう。
そしてアクセサリーでは、チタン製の物を選ぶようにしてみましょう。

健康器具
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム