きっと元気になれる、貸し農園で農業する事

貸し農園近年、疲れた心をリフレッシュできるという事より、貸し農園が注目を集めています。

一般的な貸し農園では、家庭菜園よりも「ちょっと本格的な農園」で、気軽に農作業を体験できます。ベランダ菜園などに関心がある方にも、お手軽に農業できる環境を提供しています。

農作業を通じて土に触れる事、野菜を育てて収穫する事は、人々に「癒し」と「感動」を与えてくれると思いました。田舎での農業体験は、消耗して疲れ切った心と体を、きっと元気にしてくれると思います。

また、お子様にとっても、農作業の体験は良い思い出になるでしょう。子供の頃から自然と接する事は、感情が豊かな立派な大人に成長する「きっかけ」になると思います。教育という点からも、農業体験は「おすすめ」と言えます。

普段、自然が少ない都会で生活をしている方は特に、知らず知らずのうちに心がくたびれてしまう場合があるでしょう。
都会で仕事やエンターテイメントを思いっ切りやっても疲れてしまったら、田舎で農業を体験してみましょう。優しい自然と触れ合う事で、きっと心と体が元気になると思います。

害虫予防

自然と触れ合う事は好きだけど、虫を触るのは苦手という方も多いと思います。私も苦手です。特に大人になってからは、虫を見るのも嫌と言えます。

家庭菜園などで害虫を予防する方法の一つに、コーヒーを使う「やり方」があります。参考に、ご紹介したいと思います。

水で、コーヒーのカスを溶かします。その溶かした液を野菜にかけます。そのニオイによって、虫が野菜に付きにくくなるということです。

コーヒーをよく飲む人なら、コーヒー粉が毎日出るでしょう。それを家庭菜園の害虫対策に利用できます。お金も掛からず、難しいこともありません。農薬を使わずに、簡単に虫を防げます。

また、アリに対しても、コーヒーのカスが有効です。
その対策方法は、家庭菜園に使う土に、コーヒーのカスを混ぜるだけです。
カスをよく乾かして、土に混ぜます。こちらについても、簡単に出来るでしょう。畑の場合では、カスを少量ずつ埋めれば良いです。

なお、コーヒーのカスが水分を含んでいる場合は、カビが発生してしまいます。なので、カスを乾燥させてから使うようにしてください。