就職で評価されるTOEICスコア

仕事で求められた高スコア

ちょっと昔の話になりますが、会社の方針でTOEICのスコアで500点以上を目指すようにと言われた事がありました。ビジネスにおいて、成果主義が意識され始めた頃です。
当時、技術職の社員だった私は500点が目標でしたが、管理職となると600点以上を目指すように言われていました。英語が不得意な上司の方は、「困ったなぁ」とつぶやいていたのを覚えています。

私自身、英語が出来るようになりたいと、今までに何度も思った事がありました。ですが残念な事に、全て挫折してしまいました。根性が足りないと言われれば「その通り」なのですが、効率良く英語学習できる教材があったらいいのに……と、当時よく思ったものでした。

TOEICのスコアアップを目指すなら、それに最適な英語教材で勉強しましょう。そうすれば、スコアアップできる可能性があるからです。特に「英会話を使う仕事」に就きたい人は、積極的に高スコアを狙っていきましょう。

就職で評価されるTOEICスコア

転職する際、職種に関係なく持っていると良い資格に、TOEICがあります。今の時代、仕事において英語力は必要です
近年では日本の企業でも、社員に対して英会話できる能力を強く求めているようです。日本の企業が海外市場に進出する事が、一般的になったためです。海外市場では、やはり英語が主流となっているのでしょう。

英会話の能力を求めている会社が社員を採用する時の基準として、TOEICのスコアがあります。例えば求人条件に、TOEICのスコア「○○点以上」という条件を設定している企業があったりします。
TOEICの点数は、英語力を示しています。仕事においては600点以上あれば、英語力があると評価されるでしょう。
活躍できる職種としては、秘書、広告、貿易、証券、旅行カウンター、営業、ホテルマンなどがあります。多くの仕事で活かせる資格と言えます。

一般的に就職や転職をする際には、履歴書が重要となってきます。確かに実際に面接すれば、その人の人間性を見ることは「ある程度できる」でしょう。しかし、その人の実績や実力を全て読み取ることは無理です。よって面接に加えて、履歴書が重要視されます。

特に外資系企業に就職する際は、やはり英語力が重視されることがあります。履歴書のTOEICなどの記述が、注目されるでしょう。
さらに中途採用の場合は、それに加えて実績や志望動機も重要視されると思います。

外資系企業の転職に役立つ、TOEICのハイスコア

仕事で英会話

外資系企業に転職したいと思う人の多くは、語学力に自信を持っていると思います。語学力は、外資系企業へ転職する・就職する場合には、やはり必須の能力でしょう。語学力がないと外資系企業に転職できない、と言っても言い過ぎではないでしょう。

英語の語学力の定義は、英検やTOEICによって行なわれます。英語の資格は、面接において「あなたの語学力を示すもの」と言えます。面接官が「あなたの英語力」を知るためには、英語の資格などの客観的な指標が必要となります。履歴書に「そのような資格」を書けないなら、採用されることは難しいと考えておいてください。

充分な語学力を示すならば、TOEICでハイスコアを取っておくことが最も良いでしょう。
外資系企業に転職する際、有利となるTOEICのスコアは、即戦力として期待される転職組の場合は、750点以上だそうです。できれば800点くらいの点数が望ましい、ということです。700点以下の場合は、評価されないようです。

外資系企業の語学力は、非常に高いレベルを要求されます。就職する前に、自分の英語力や国際的な視野が「どのくらいなのか?」確認しておくことが大事です。
外資系企業に転職することは難関である、と言えます。仕事でネイティブを相手に日常会話したり、ビジネスの交渉をしたりする訳なので、当然と言えば当然です。



タイトルとURLをコピーしました