英語能力の評価基準・TOEICスコア

コミュニケーション能力を判定するTOEIC

TOEICテストの重点は、英語のコミュニケーション能力にあります。そのテスト内容は、英会話に関するコミュニケーション能力を重視している内容と言えます。文法を中心とした英語テストとは、全然違います。
リスニングとリーディングは、受動的な英語能力と言えます。しかし、これらの能力を客観的に測定することにより、英語によるコミュニケーション能力を総合的に評価できるように配慮されています。
なお、ここで言う英語によるコミュニケーション能力には、スピーキングとライティングという能動的な英語能力も含まれています。

TOEICの評価・スコア

点数TOEICテストでは、合否判定されません。10点から990点までのスコア(点数)で評価される客観テストです。
※TOEICテストには、英語検定のように「~級」という設定はありません。

このスコアは、常に評価基準を一定に保つために統計処理が行なわれています。よって能力に変化がない限り、スコアも一定に保たれることになります。
この部分が、TOEICの大きな特長です。そして企業などが、個人の英語能力を判定する資料として用いる理由です。
外資系の企業を始め、大手の企業では、就職の条件としてTOEICの点数が指定されていたりします。この試験のスコアを何点持っているかどうかで、就職できるか、昇進できるかについて、判断している企業もあるそうです。

また、TOEICの点数は就職の時だけでなくて、自分の英語力を理解したい場合も役立ちます。ずっと英語の学習を続けている人にとっては、TOEICテストを定期的に受験することは、自分の英語力の成果を把握できます。どんどんスコアが良くなって行けば、学習の励みになるでしょう。

ビジネスで求められた高スコア

ちょっと昔の話になりますが、会社の方針でTOEICのスコアで500点以上を目指すようにと言われた事がありました。ビジネスにおいて、成果主義が意識され始めた頃です。
当時、技術職の社員だった私は500点が目標でしたが、管理職となると600点以上を目指すように言われていました。英語が不得意な上司の方は、「困ったなぁ」とつぶやいていたのを覚えています。

私自身、英語が出来るようになりたいと、今までに何度も思った事がありました。ですが残念な事に、全て挫折してしまいました。根性が足りないと言われれば「その通り」なのですが、効率良く英語学習できる教材があったらいいのに……と、当時よく思ったものでした。

TOEICのスコアアップを目指すなら、それに最適な英語教材で勉強しましょう。そうすれば、スコアアップできる可能性があるからです。特に「英会話を使う仕事」に就きたい人は、積極的に高スコアを狙っていきましょう。

就職で評価されるTOEIC

転職する際、職種に関係なく持っていると良い資格に、TOEICがあります。今の時代、仕事において英語力は必要です
近年では日本の企業でも、社員に対して英会話できる能力を強く求めているようです。日本の企業が海外市場に進出する事が、一般的になったためです。海外市場では、やはり英語が主流となっているのでしょう。

英会話の能力を求めている会社が社員を採用する時の基準として、TOEICのスコアがあります。例えば求人条件に、TOEICのスコア「○○点以上」という条件を設定している企業があったりします。
TOEICの点数は、英語力を示しています。仕事においては600点以上あれば、英語力があると評価されるでしょう。
活躍できる職種としては、秘書、広告、貿易、証券、旅行カウンター、営業、ホテルマンなどがあります。多くの仕事で活かせる資格と言えます。

一般的に就職や転職をする際には、履歴書が重要となってきます。確かに実際に面接すれば、その人の人間性を見ることは「ある程度できる」でしょう。しかし、その人の実績や実力を全て読み取ることは無理です。よって面接に加えて、履歴書が重要視されます。

特に外資系企業に就職する際は、やはり英語力が重視されることがあります。履歴書のTOEICなどの記述が、注目されるでしょう。
さらに中途採用の場合は、それに加えて実績や志望動機も重要視されると思います。

英語力をアピールした志望動機

ここでは英語力をアピールして履歴書の志望動機を書くことについて、お話したいと思います。
例えば同職種に転職する場合では、次のような書き方があります。

「私は海外留学の経験があり、英語には自信を持っています。しかし以前勤めていた職場では、その英語力を活用する場面はありませんでした。
海外での取引も多いこちらの会社で、ぜひ英語力を活かした仕事をしたいと思っています」。

このような感じで、志望動機でも英語力をアピールしてみましょう。
また、今までの実績を具体的に記述すると、もっと相手に伝わりやすい志望動機になると思います。

外資系企業の転職に役立つ、TOEICのハイスコア

仕事で英会話外資系企業に転職したいと思う人の多くは、語学力に自信を持っていると思います。語学力は、外資系企業へ転職する・就職する場合には、やはり必須の能力でしょう。語学力がないと外資系企業に転職できない、と言っても言い過ぎではないでしょう。

英語の語学力の定義は、英検やTOEICによって行なわれます。英語の資格は、面接において「あなたの語学力を示すもの」と言えます。面接官が「あなたの英語力」を知るためには、英語の資格などの客観的な指標が必要となります。履歴書に「そのような資格」を書けないなら、採用されることは難しいと考えておいてください。

充分な語学力を示すならば、TOEICでハイスコアを取っておくことが最も良いでしょう。
外資系企業に転職する際、有利となるTOEICのスコアは、即戦力として期待される転職組の場合は、750点以上だそうです。できれば800点くらいの点数が望ましい、ということです。700点以下の場合は、評価されないようです。

外資系企業の語学力は、非常に高いレベルを要求されます。就職する前に、自分の英語力や国際的な視野が「どのくらいなのか?」確認しておくことが大事です。
外資系企業に転職することは難関である、と言えます。仕事でネイティブを相手に日常会話したり、ビジネスの交渉をしたりする訳なので、当然と言えば当然です。

高得点を目指す英語教材

ビジネスのための英語教材を選ぶ時、どういう点に注目して選ぶと良いでしょうか。
重要な点は、実際のビジネスで使える英語であるか、という点です。そしてTOEICで高得点を取るのに役立つか、という点です。特にTOEICは、ビジネスマンのための英語と言えるからです。

ビジネス英語の教材は、日常向け英会話教材とは目指す目的が違います。ビジネスに役立つ教材であることが、求められています。ビジネスのための英語を身に付けるには、日常英会話を学習するよりも、TOEICのスコアで高得点を目指す教材を選ぶほうが良いです。

その他にもTOEICを勉強する方法の一つに、英会話教室に通う方法があります。英会話教室の中には、TOEIC試験対策コースを開催している所があります。そのようなコースで集中的に試験対策をすれば、高得点を目指せると思います。

なお、TOEICテストの形式を理解するには、それ専用の教材が必須です。例えば「TOEICテスト 新公式問題集」という問題集があります。これは、TOEIC運営委員会が発行した問題集です。TOEICを受験する際は、ぜひ公式の問題集を使って学習しておきましょう。

自分の現在の英語力と生活スタイルに合わせて、学びやすい英語教材を選んでください。